韓国→若年層の失業率が悪化

韓国・亜洲経済によると、昨年の韓国の若年層(15~29歳)の失業率は、前年から1ポイント悪化の9.0%だったことが、韓国統計庁の雇用動向から明らかになった。中国新聞社が伝えた。

雇用期間が1年以上の就業者は3.1%で、08年の6.4%から減少した。

期間の定めのない雇用契約で就職した人は全体の62.1%。若年層の3人に1人が、非正規雇用から仕事を始めているのが実情だ

参考 Record China 2015.01.15

 

【関連する記事】