韓国→歴史懸念、経済は期待

韓国の聯合ニュースは14日、衆院選投票終了直後の午後8時1分(日本時間同)に日本メディアの報道を引用し、自民、公明両党が全議席の3分の2を占める勢いだと報じた

韓国では連立与党が圧勝すれば憲法改正が現実味を帯びてくるとの見方が強い

歴史問題を原因にした安倍政権との関係悪化が続いている朴槿恵政権は、自民党の圧勝で安倍晋三首相が歴史問題でのスタンスに自信を深めることを懸念している

一方で日本経済の回復が軌道に乗れば自国経済にも有利に働くとみて安倍首相の経済政策「アベノミクス」の継続を内心望んでいる気配で、今後歴史問題を分離し他の分野での関係強化に積極的に乗り出す可能性が高い

参考 産経デジタル 2014.12.14

【関連する記事】