韓国→次世代高速鉄道に致命傷

韓国・KBSテレビによると韓国政府が国の威信を懸け開発中の次世代型高速鉄道がすでに試運転を終え開発の最終段階に入ったものの国内の実用化も海外への輸出も不可能であることが判明した

韓国は07年から約1000億ウォン(約100億円)の予算をつぎ込み、最高速度430キロの韓国版新幹線「ヘム」を開発中だ開通すれば、現在の高速鉄道KTXで2時間30分ほどかかるソウル-釜山間を1時間30分で結ぶ。13年3月には時速421キロを突破し、開発も仕上げの段階に入ったが、このほど明らかになった試運転評価報告書で、実用化には程遠いことが分かった

今年6月までに行われた試運転距離11万7000キロのうち、目標としていた時速400キロを超えた区間はわずか2.5%、大半はKTXよりも遅い時速300キロ以下で走っていたのだ。この状況にある韓国鉄道公社(KORAIL)関係者は「商用化も難しいし、実績がなければ輸出もできない」と明かす国土交通部関係者も「商用化はできない」と断言、「『ヘム』はすでにどこまで速度を出せるか調べるためのパイロット版に近い」と語った

これについて、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「国にお金がないわけじゃない。スーツを着た泥棒が多すぎるんだ」
もともと韓国ってそういう所なんです、皆さん」
「韓国では何が真実で何がうそなんだろう?」

「スピードを出せる線路を作ってから試運転しなきゃね」
まずKTXをちゃんと運行して
『海霧(ヘム)』とは、とんだ名前をつけたね。海に霧がかかって前が見えず…」
「そうだ、これこそ韓国だよ」

韓国の詐欺事件発生件数は世界一らしい。それは政府も同じこと」
「こんなニュースを見るたびに、韓国がなぜまだつぶれずにいるのか不思議でならない
「中国でもできるのに、なぜ韓国はできないんだろう?」
「期待もしてなかったよ。期待したくもないし」

参考 Record China  2015.09.18

 

【関連する記事】