韓国→日本の鉄スクラップ輸入再開

中国サイト・我愛鋼鉄網の22日付の報道によると、韓国の一部の鉄鋼メーカーは日本からの鉄スクラップ輸入を再開することを検討しており、各社が続々と12月出荷分の鉄スクラップ取引について交渉を開始した

報道によると、現代製鉄はすでに日本の鉄スクラップサプライヤーから見積もりをとっており、今回は2万トンを調達する計画とみられる。東国製鋼などほかの鉄鋼メーカーも日本からの輸入を再開することを検討しており、市場の状況を見極めている最中だ。

日本では先週末に東京製綱が鉄スクラップの調達価格を1トン当たり1000円引き下げており、日本から韓国に対する輸出価格も値下がりした。

参考 xinhua.jp  2014.10.26

 

【関連する記事】