韓国→女性の初婚年齢が初の30代に

韓国統計庁がこのほど発表した「2015年結婚・離婚統計」によると、韓国の女性の平均初婚年齢は昨年初めて30歳を超えた晩婚化の影響で婚姻件数も急減人口構造の変化や若者の就職難が結婚をためらわせる要因となっているとみられる
男性も32.6歳と1990年に統計を開始してから最も高くなった1990年の第1回統計では、平均初婚年齢は男性が27.8歳、女性が24.8歳だった
晩婚化の影響で婚姻件数も急減。人口1,000人当たりの婚姻件数を示す粗婚姻率は昨年は5.9件と、過去最低だった。
婚姻件数の減少にともない、離婚件数も減少。人口1,000人当たりの離婚件数を示す粗離婚率は2.1件と、97年以降で最低値となった。特に、結婚後5年以内の離婚が減っているという。

NNA2016.04.11

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】