韓国→国産車離れの危機

韓国の自動車市場で、輸入車販売が絶好調だ。一方、韓国メディアによると、2014年の現代・起亜自動車の市場占有率(シェア)は1998年の両社の経営統合以来、初めて7割を切ったことが分かった現代自では米国で燃費表示の水増し問題が発覚したほか、スポーツ用多目的車(SUV)の雨漏りも指摘され、ブランドイメージ低下が悩みだが、自由貿易協定による影響が裏目に出ているとの指摘もある。マザーマーケット(主力市場)の韓国市場で、韓国メーカーにいったい何が起きているのか-。

■輸入車販売は25%増

「現代・起亜に危険信号」。朝鮮日報(電子版)は今月、刺激的なタイトルで現代自と傘下の起亜自の韓国での販売状況を伝えた

それによると国内シェアは69・2%で、09年に比べれば7ポイント縮小1998年の経営統合以来、初めて7割を切ったことを踏まえ、「輸入車業者が若者を狙い、中低価格モデルを投入したのは非常に脅威だ」との専門家の意見を紹介した

韓国メーカー5社の14年の同国内の新車販売台数の合計は前年比5・8%増。一方で、韓国輸入自動車協会が発表した14年の輸入車販売台数は、前年比25・5%増の高い伸びを記録した。両者の勢いの違いがくっきりとしている。

韓国経済新聞によると、2010年から14年までの年平均増加率は24・8%にのぼる。輸入車が占める乗用車市場でのシェアは13・9%を占め、10年に比べて、7%も拡大していた

ブランド別では、BMWが21・5%増で輸入車として初めて4万台を超えて最多。2位は1・4倍増のメルセデスベンツ。続いてフォルクスワーゲン、アウディと上位4位までをドイツ車ブランドが占めた。

ポルシェやベントレーを含めたフォルクスワーゲングループの韓国での販売台数は6万台に達して、韓国の双龍自動車の6万9036台に匹敵する規模になった。

韓国メーカーは欧州勢を中心とした海外メーカーにシェアを侵食されているのが現実だ

【関連する記事】