韓国→中国主導のインフラ投資銀に参加

韓国政府は26日、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に創設メンバーとして参加することを決定したと発表した

企画財政省は声明で、AIIBはアジア地域への投資を促進し、既存の国際的な開発銀行と補完関係を保つことが意図されていると指摘

「韓国政府は主要国と緊密に協力し、AIIBが責任や透明性、運営体制、債務の持続性において高い基準を持てるよう取り組む」と表明した

同省によると、韓国は運営体制などについて改善を要求しており、すでに大きな進展があったという。また、「国内総生産(GDP)が加盟国の出資比率を決定するのに重要な要素になる」との見解を示した

AIIBには当初、21カ国が創設メンバーとして参加を表明し、その後さらに6カ国(訂正)が加わった。企画財政省によると、韓国とその他の6カ国はまだ、創設メンバーとして正式に認められていない。

*英文の訂正により、第5段落の、後から参加を表明した国の数を「7カ国」から「6カ国」に訂正します。

参考 ロイター 2015.03.25

【関連する記事】