面目丸つぶれで怒りの国交省

日産の子会社化によって救済された三菱自動車。一難去った印象が強いが、とばっちりを受けた国交省には苛立ちがあるという。ジャーナリストの山田厚史氏が取材した。

*  *  *
ゴーン社長の祝勝会みたいな共同会見の翌朝、浮かれ気分に水を浴びせるかのように国交省が動いた。

東京都港区の三菱自本社に職員5人が検査に入った。2日前に提出された調査報告書から、燃費データ改竄に本社が関与したと読み取った組織ぐるみの疑いは濃厚とみて、経営陣からも事情聴取するという

日産の資本参加で三菱自の危機は回避され、一件落着の空気が漂う。着手する検査が「宴会が終わった後のお掃除」と思われることに国交省は苛立つ

救済されても、三菱自の不正は消えない。立ち入り検査は、怒りの表明にも見える。

怒らせた理由はいくつかある。信頼で成り立ってきた官民の検査体制が逆手に取られたデータの改竄を見抜けず型式指定を出した役所の面目はつぶれた。不正の解明と反省に全力を傾けていると思っていた経営陣は、日産との交渉に腐心。不正はゴーン社長が三菱自の経営権を安く手に入れる材料に使われた。

日産のトップは昨年から三菱自の不正を知っていたと思われる軽乗用車の共同開発で三菱自のデータがおかしい、と気付いたのは昨年11月。重要な経営情報としてトップに上がったはずだ。不正は4月20日に公表された。

「資本参加は以前から考えていたが、今回の件で時期が早まった」

会見でゴーン社長は言った。日産はデータ改竄を暴き、世間を巻き込み、成果までも刈り取った。早く安く資本参加することに成功し、とばっちりを受けたのが国交省だ

検査体制が根本から問われた空気抵抗など基礎データの実測はメーカー任せで、提出された資料は疑わずに採用その結果生まれたカタログ燃費と走行燃費のかい離。行政がなっていないと批判された

「すべて役所でやるのは今の予算・人員では無理。性善説でメーカーに任せることで、検査体制が成り立ってきた」。実情を知る関係者は言うが、役所への風当たりはきつい

当面、国交省が取り組む課題は二つ。一つはデータ偽装の真相解明。組織ぐるみの不正は誰が指示したのかもう一つは正しい燃費測定三菱車を走らせて燃費を実測し、1リットルで何キロ走るか。水増し分を確定する必要がある

真相解明は三菱自の企業体質にメスを入れ、制裁を決める燃費の実測は、ユーザーへの補償、エコカー減税の差額支払いなど経済負担を強いる。三菱自は10~15%水増しがあったというが、役所の検査でどんな数字が出るのか。日産が背負う買収コストに跳ね返る

官民の信頼関係は崩壊している役所は手ぐすねをひいて検査に取り組むだろう国交省はどこまで真相解明を進め、正確な燃費を明らかにできるか。本気とやる気が問われている

※週刊朝日  2016年5月27日号

dot.2016.05.20

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】