静電容量0.022μFを実現→太陽誘電

太陽誘電は2015年6月、0201サイズ(0.25×0.125×0.125mm)の積層セラミックコンデンサに、静電容量0.022μFを実現した新製品「AMK021BJ223MK」を追加し、量産を開始した。スマートフォンやウェアラブル機器などのIC電源ライン向けデカップリング用途に向ける

AMK021BJ223MKは独自の材料技術やシート薄膜技術、印刷技術、積層技術などのさらなる高度化を図った。これにより、0201サイズの従来品では0.01μFだった静電容量を、2.2倍も向上させることができた同社は「0201サイズの積層セラミックコンデンサで0.022μFの静電容量を実現したのは世界初」と主張する定格電圧は4.0V、温度特性はX5Rである。2015年6月より量産を開始したサンプル価格は10円

スマートフォンを始め、時計型やメガネ型、リストバンド型などさまざまな形状で、多機能なウェアラブル機器が登場しているこのため搭載する電子部品に対しても、特性に優れた小型/薄型部品の要求が高まっている新製品は0402サイズ品からの置き換えが可能なことから、同社では機器の小型化/薄型化に貢献できるとみている

参考 EDNjapan 2015.06.27

 

【関連する記事】