静岡茶、厳しい足元→価格低迷

静岡県内の2015年産荒茶の生産量は前年比4%減の3万1800トンで、過去最少を更新したことが、農林水産省の統計でわかった国内消費など需要の減少から価格が低迷し、減産を招く悪循環に歯止めがかからないことが要因全国生産量も推計で5%減の7万9500トンにとどまり、1965年以来50年ぶりに8万トンを割り込んだ

【写真】県内荒茶生産量の推移

荒茶は製品に仕上がる前の乾燥茶葉のこと。農水省によると、県産荒茶の内訳は「一番茶」1万2600トン▽「二番茶」8220トン▽「三番茶」896トン▽「四番茶」215トン▽「冬秋番茶」9830トン。単価も最も高い一番茶は1%の増産だったが、次に量が多い二番茶が17%減と低迷したことが響いた

静岡、鹿児島、三重、京都など主要12府県の生産量も7万6400トンと、前年より5%減った静岡県に次ぐ鹿児島県は、8%減の2万2700トン。宮崎県は6%減の3620トン、福岡県は11%減の1940トンと九州の主産県で大幅減産が目立った。農水省は「九州地方で生育期間に天候不順に見舞われ、生育が抑制された」と指摘する

全国生産量の4割を占め、都道府県別で首位を堅持している静岡茶だが、足元は厳しい。県などは近年、東京以外の主要都市で開く見本市のほか、輸出をにらんで単価の高い玉露や高級抹茶の生産支援などを強化。新年度予算案でも茶関連事業に3億円を超える費用を盛り込み、需要の掘り起こしや販路拡大に躍起になっているが、主力の一番茶、二番茶の単価下落が続いている

朝日新聞デジタル2016.03.06

  images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】