防犯にも訳立つ→超ミニカメラ

超低照度カメラやソーラー式蓄発電装置など、ユニークな製品を世に輩出しているレッツコーポレーションは12月22日、軽量コンパクトなコンパクトミニカメラ、その名も「超ミニカメラ」を発表した。同日から通販サイト「e-CROSS」で販売を開始しており、本体価格は34,800円(税抜)だ

高さ50.3mm×幅38.5mm×奥行き20.4mmというコンパクトなサイズと、わずか36gの軽量でありながら、4K(3,840×2,160)でのタイムラプス撮影、HD(720p/30fps)・フルHD(1080p/30fps)での動画撮影が可能な「超ミニカメラ」。本体にはWi-Fiモジュールを内蔵しており、専用アプリケーション「LIFE CAM」(iOS/Android)を用いることで、タブレットやスマートフォンでライブビューイングを可能としている

また、「超ミニカメラ」には豊富なアタッチメントアイテムが同梱されている。例えば、購入後すぐに自転車に装着して撮影を楽しむ、ということも可能だ。自転車マウントをはじめ、胸ポケットに掛けられるクリップマウント、磁石マウントなど、計8つのマウントが付属されている

オプションの「防水ケース」を用いることで、IP66対応の防水性能を得ることも可能だ。サーフィンなどのマリンスポーツ、スキーやスノーボードといったウィンタースポーツにおいても、迫力ある映像を撮影できる

発表会では、アクションカメラとしての用途以外にも、振込め詐欺への対策としても利用できるのではないかと紹介。「超ミニカメラ」を玄関先に取り付けておき、”受け子”として訪ねてきた不審者を記録しておく、というものだ。こうした防犯対策としてのアイディアは、レッツコーポレーションならではの発想ともいえる。同社の製品で好評を博している、振込め詐欺電話対策アイテム「振込め詐欺見張隊」と組み合わせることによって、一層の防犯効果を発揮するだろう

アクションカメラのトップランナー「GoPro」に、追いつけ追い越せを目標にリリースされた「超ミニカメラ」。軽量かつコンパクトなボディに詰まった性能をどう使うか、アイディアを練るだけでも楽しませてくれる存在といえそうだ。

参考 マイナビニュース 2014.12.22

【関連する記事】