間違いだらけのススキンケア

洗顔。シャンプー洗髪と同じく、どの洗顔料を選んでよいのかわからない、もしくはどれでも一緒だからと毎回適当に選んでいる、セッケンしか使わない、お湯で洗うだけ、水で洗うだけ……。

このように洗顔は、そのスキンケアに個性が出るわけですが、きっちりとした洗顔方法はもちろん、そもそもの洗顔の意味、役割などをおさらいしつつ、洗顔料の選び方、スキンケアについて話をしていきましょう。

洗顔方法。「別に年相応に老けて見えても、小じわが増えようが、それは生きた証し」「小さいことを気にするなんて男らしくねえ」という人には、まったくどうでもいいことです。毎日好きなように顔を洗い、適当に拭いていれば十分です。

「やっぱり年齢より若く見られたい」「小じわはできる限り少ないほうがいい」そう思われる方は、洗顔をないがしろにしてはいけません。なんせ顔は体中の肌の中でも最も若さの象徴でありながら、最もダメージにさらされるという部分。日頃の手入れが5年後に必ず返ってきます

「そんなことわかっているから、いろいろ化粧水や乳液を塗っているんじゃないか」という方もいるかと思いますが、残念なことにスポンサーのしがらみから逃れることのできない女性誌などには、まともなスキンケアの話は載っておりません。それどころか医師免許のある人間までもが、化粧品会社の広告塔になって微妙な化粧品、洗顔料を宣伝していたりします

雑誌やテレビといった媒体はスポンサーありきなので、仕方がないことではありまして、仮に自分も「100万円あげるので、ヨイショ記事を書いてください」と言われれば、喜んで書くのですが、残念なことに、自分はこういった医学書や医学会の平均的動向を見つつ最大限ニュートラルな記事を信条としているので嫌われ者です。そして、この記事もどこの洗顔料のスポンサーも悲しいくらいに付いていないので、全面的に筆者の意見となります。

さて、洗顔について、どうするのが正解であるか。どうするのがよいのか、皮膚科の本には当たり前に書いてあることなのですが、バイアス記事ばかりで本質はあまり一般に浸透していません。

顔は体表の中では、手と並び最も外気にさらされ、ダメージが多いにもかかわらず、若さの象徴であるという相反することを求められる部位。体をタオルでゴシゴシ洗うだけの感覚では加齢は進行してしまいます、若さを保ち、実年齢より若く見られたいのであれば、ケアをしなければいけないのです。

以下は以前、自分のメールマガジンでも紹介したのですが、洗顔の「べからず」です。

・強くこすらない

・落ちにくいメイク等は必ず専用のリムーバーを使う

・シャワーや高温のお湯で何度も洗わない(特に朝)

なんだ、当たり前じゃないかと思われる人も多いでしょう。理由も併せて説明していきましょう。

まず強くこすらない。これは皮膚というものが極めて弱い力で筋肉の上に乗っているからです。仮に皮膚に円く刃物で切れ込みを入れると、皮膚はミカンの皮よりも弱い力で剥がれてしまいます。想像しただけで痛い感じですが、それだけ皮膚というのは薄くもろいものです。当然我々は生きていますから、少しくらいずれてもすぐに再生して元に戻るのですが、指でゴシゴシとマッサージしたり、美顔ローラーなどといって顔に固い物をゴリゴリ押しつけるなど愚の骨頂です。一時期ゲルマニウムローラーなどが話題になりましたが、そもそもゲルマニウムには肌をきれいにする効果など微塵もありません。元素としては鉛に性質が近く、毒性もどっこいどっこいです。ゲルマニウムの有害性に関しては、話しだすときりがないので割愛します。気になる人は拙著で紹介しているので、ご覧になってください。

次に、1日に1回、必ずしっかり汚れを落とすということです。ゴシゴシせずに、しっかり洗えというと、日本語的に矛盾していそうな気もしますが、皮膚は薄い組織で汚れがたまる部分も非常に浅く、それゆえ適切な洗浄剤を使って弱い力でゆっくりとやさしくこすれば十分にきれいになります。化粧品、特に水をはじくタイプのものは専用のリムーバーを使った上で洗浄し、そのあとしっかりと流して、汚れや化粧品はもちろん、洗浄剤もしっかり落とすことが大切です。

特に肌の再生は夜間寝ている時に最も活発になるので、不眠や睡眠リズムの狂いはもとより、入眠前にしっかりと汚れを落とさないと正常な皮脂分泌が行われないどころか、常在菌のバランスの崩れや、アクネ菌の活発化によって肌の健康が損なわれます。風呂やシャワーは朝派という人も、洗顔だけはしっかりと行っていないと老ける一方です。

シャワー洗顔や高温のお湯で何度も洗うのは、皮脂が過剰に落ちてしまうので、特に冬場は要注意です。夜しっかり洗って、朝も熱いお湯で洗っていては、皮膚に自然とある保護機能を壊してしまいます。せっかく夜間に整った皮膚の状態を朝の熱湯やシャワーで壊してしまってはもったいないといえます

以上の理由から、日本という環境においては、夜には風呂に入り、朝はぬるま湯か水で洗顔しましょうということになります。

●正しいスキンケアの三原則

・汚れをしっかり落とす

・紫外線対策を万全にする

・保湿に十分気をつける

の3項目だけです。さらに美容方面に付け加えるのであれば、

・シミや日焼けは悪化する前になんとかする

・タバコを避ける

という感じになります。「なんだか当たり前すぎる」などと言わないでください。その当たり前があまりにできてない、あるいはできた気になっている人が多いのが問題なのです。

まず、洗浄に関しては、先ほどの話とかぶるところもあるのですが、肌に合った洗浄剤を選ぶことが、シャンプー以上に大事です。とはいえ、大半の人がセッケンないしはグリセリンセッケンを使えば十分にきれいになり、アレルギーなどもめったに起きません。皮脂をスッパリ落とす洗顔剤はいらないのでしょうか? ニキビケア用の何千円もする洗顔料はいらないのでしょうか?

結論からいうと、不要です。特に皮脂をサッパリ落とすような洗顔料は、シャンプーと同じくラウレス硫酸塩などの脱脂力が非常に強い洗浄成分で、10代などの若い間は、わりと効果てき面なのですが、20歳を過ぎても使うと、皮脂が落とされすぎて乾燥肌、または逆に皮脂過剰の肌を招きやすくなります

ニキビ用洗顔料については後述します。

セッケンは1個100円程度の極めて普通のセッケンで十分です。どうしてもより良いものを使いたい人は、半透明のセッケンを探すとよいでしょう。半透明のセッケンはグリセリンセッケンといって、通常のセッケンの原材料が油脂であるのに対し、油脂を分解して得られる保湿成分のグリセリンをケン化してつくられたもので、洗い上がりは非常に保湿感が高く、化粧水のノリもよくなります高いといっても数百円程度で、2~3カ月は使えますから経済的です。これでは洗顔料が売れないので、こんな記事は女性誌じゃ絶対に書けません。

透明セッケンの中には、普通の油脂系セッケンに消泡剤的なアルコールやショ糖エステルなどを混ぜ込んで透明化されたものもあるので、グリセリンセッケンと間違えないようにしましょう。グリセリンセッケンは原材料のところに「グリセリン 水酸化Na」などと明記されています

次に紫外線対策です。こちらは以前の連載でお話しした通りで、季節を問わず、強すぎない対紫外線クリームを必ず朝、洗顔の後、塗るようにしましょう。

タバコが体に悪いのは今さらいうまでもありませんが、末梢の血管をいじめるので栄養不良が随所で起きて、面皰(めんぽう)と呼ばれるニキビの準備段階のような、小さなモコっとしたものが肌にできやすくなります。これは喫煙者の女性に多く、顔が整っていてもモコモコした印象が肌に出てしまい、不健康な印象を与えてしまいます。美容を少しでも考えるのであれば、タバコは控えたほうがいいのはいうまでもありません。

最後に保湿とシミ対策の話ですが、これは長くなるので、次回お話しします。

本来ニキビというのは性ホルモンが活発な第2次性徴期、つまりは思春期にでき始め、遅くても25歳以降はあまりできなくなるものです。25歳を過ぎてからできるニキビは、まったく別の理由によるものです

あまり知られていませんが、これを無視した結果が、市販の高いニキビ洗顔料を使って肌荒れを起こすというパターンです

テレビや雑誌で、盛んにニキビ専用と大々的なコマーシャルをしている洗顔料も、特別な成分は何ひとつ入っていません。要するに、どれだけ会社の力が強かろうが、宣伝していようが、洗顔料として化粧品や医薬部外品として販売する以上、入れることができる薬品は決められており、特別高価で、ニキビに効く成分などないからです

ニキビ用として売られている洗顔料に配合されているものは、サリチル酸ですサリチル酸は強い殺菌作用と抗炎症作用を併せ持つ、古くても立派な成分で、ケミカルピーリングなどにも使われます

何千円もするニキビ洗顔料と、500円くらいのニキビ用と書かれた洗顔料の配合物は大差ありません。「そんな馬鹿な」と言われても、現実にそうなんだから仕方ないのです。

きっと特別な配合比でもあるのでしょう、ということにしておきます。

思春期のニキビは、成長に伴う体の変化に肌が耐えきれず、皮脂の過剰分泌になることが原因の大半ですそこにアクネ菌が増えるとさらにニキビができやすくなると悪循環が続きます。その場合に脱脂力の強い洗顔料と殺菌性と抗炎症作用のあるサリチル酸が見事にハマれば、ニキビを最小限に抑えることができます

サリチル酸配合の洗顔料は高価なものである必要はなく、薬局薬店などでもちゃんと売られており、わからない場合は薬剤師さんに「サリチル酸配合の洗顔料を探している」と言えばよいでしょう

ただし、サリチル酸は刺激性も強く、中にはサリチル酸アレルギーを持つ人もいるので、アトピー気味の人や肌がデリケートな人は、使わないほうがよいでしょう。

対して25歳以上のニキビは、生活習慣に原因があります体が老化してきているため、生命維持に必要とする以上の油脂、特に飽和脂肪酸を多く摂取するとニキビはできやすくなります。ストレスによって、ホルモンバランスが崩れて起きる場合もあります。また化粧品自体が肌に合っておらず、それが元でニキビの原因菌が元気になりやすい環境になっている場合などもあります。

に女性は、乾燥気味の肌なのにニキビができている場合が多く、これは角質機能の低下です。保湿を丹念にすることと、紫外線の刺激をできるだけ避けることが、まずは良くなるための第一歩です

さて、デリケートな肌の人や、生活習慣はなかなか変えられない、という人も多いでしょう。

それでもニキビや肌のトラブルは避けたい」ということであれば、医薬品に頼るしかありません

そもそも「化粧品」や「医薬部外品」というのは、薬効をうたってはいけないという法律があるとともに、強すぎる薬効があってはいけないという決まりがあります。

つまりは、洗浄・保湿・対紫外線防御の3本柱以外の仕事は、本来してはいけないのです。それ以外の美白だの、シミ消しなどは医薬品の仕事で、コスメサロンの管轄ではなく皮膚科医の管轄です。

そういわれると当たり前なのですが、これをいかに履き違えさせるかがCM戦線でして、原点回帰してしまうと身もふたもないのですが続けます。

幸運なことに、ニキビに関しては相当優秀な薬が登場していますニキビは医学的には面皰や尋常性ざ瘡というのですが、似たような症状を示す他の病気もあり、その区別は皮膚科の専門医でも1回で当てることは難しかったりします。当然医者にも当たり外れがあるのですが、1回効かなかったからといって病院を変えるより、何回か行ってダメなら他の病院を当たるというのがよいでしょう。

最近は、アクネ菌に強い殺菌作用のあるダラシンTゲル(グリンダマイシン)や、内服用の抗生剤を使用することで効果が出ることもあります。またニキビの発生するメカニズム自体を阻害し、ニキビを強く抑え込んできれいに治す(深いニキビにも使える)ディフェリンゲル(アダパレン)というものが使われています。

またサリチル酸も、サリチル酸軟膏として処方してもらうこともでき、サリチル酸入りの洗顔料を使用するのではなく、洗顔後にこの軟膏をニキビにちょっと塗れば過敏症も起きにくいのです

いずれも皮膚科で処方を受ければ、高額なニキビ洗顔料よりはるかに安く済むので、面倒でもひどくなる前に専門家に診てもらうというのが、美肌への近道なのです。

参考 Business Jornal  2013.10.23

 

 

【関連する記事】