銀座の熊本アンテナショップに長いー列

 阪神大震災級の強い地震に襲われた熊本県。東京・銀座にある県のアンテナショップ「銀座熊本館」は県ゆかりの名産品を買って支援しようと、多くの人でにぎわっています。(朝日新聞デジタル編集部記者・長谷川健)

【画像】災害への備えの必需品「東京防災」、10の防災アクション

県担当者「こんなに長い列は…」

 16日の銀座熊本館。午前11時のオープンと同時に、多くの買い物客が店を訪れました。筆者が訪ねた午後4時すぎも、店内は大変なにぎわいぶり。入場規制が行われていて、店の外には60~80人ほどの列が続いていました。県の担当者も「こんな長い列は記憶にないですね…

大きな紙袋を手に店から出てきたのは都内の会社員女性(30)。熊本の郷土菓子「いきなり団子」など、2千円分を購入しました。「熊本には観光で行ったことがあります。地震のニュースを見ていて、何か自分でもできないかと思いました。思いついたのがこちらでの買い物。本当に大変だと思いますが、少しでも支えになればうれしいです」

「『ああ大変』で終わらせたくない」

 ツイッターでも「熊本の物を買って応援しよう!」といったつぶやきがあふれています。

皆さん熊本の地の物を買いに来ているようです東京で見えた復興支援の一つの形です。」
こういう支援もあります。すごい行列です。」
「みんなできること探してるんだな…。」

相模原市の男性(39)もそうした声を聞いて初めて熊本館にやって来ました。「テレビで見て『ああ、大変』で終わらせたくないと思いました。店内にも募金箱を置いてくれているので、募金のついでに買い物もしようというノリです

男性が買ったのは蒸したばかりの「いきなり団子」や、同じく熊本の銘菓「朝鮮飴」、デコポン、馬刺しなど約3千円分。男性が店を出たときにも列は途切れず続いていました。「こういう風に買い物に来ようという方がほかにもたくさんいて、本当にいいことだなって思いますね

新規入荷のめどは立たない状態

 熊本館を運営している県東京事務所の担当者はこのような形でご支援いただき、本当に本当にありがとうございます」と話しています

ただ、地震の影響で配送会社の集配センターの機能が失われたり、地元企業が操業を停止したことなどから、新たな商品の入荷のめどは立っていないようです。「今後、熊本館をどうやって運営していけるか、まだ何も分かっていません」

<銀座熊本館> 東京都中央区銀座5丁目。地下鉄銀座駅徒歩2分。午前11時~午後8時。2階のバーはカフェタイムもある。定休は月曜、祝日の場合は翌平日。03-3572-1147。

withnews2016.04.16

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】