過去90年で最悪の干ばつ→ベトナム

ベトナムが過去1世紀近くの間で最悪の干ばつに見舞われていると専門家が29日、明らかにした。とりわけ被害が大きいのは、南部メコンデルタ(Mekong Delta)地域で、塩害による被害も出ている

世界的異常気象、観測史上最強のエルニーニョ現象の影響大

同国農業省の当局者はAFPの取材に対し、「メコン川(Mekong River)の水位は1926年以降、最低水準にまで下がり、最悪の干ばつと塩害を引き起こしている」と述べた

低平地で農業が盛んなメコン地域は、2000万人以上が居住するベトナムの米蔵だ。水不足は、近隣諸国のカンボジア、ラオス、タイおよびミャンマーの農業にも大きな影響をもたらしている

科学者らは、現在の干ばつの原因について、現在観測されている記録史上最大級のエルニーニョ(El Nino)現象にあるとしている

メコン地域にあるカントー大学(Can Tho University)の研究者によると、同デルタの耕作地220万ヘクタールの40~50%が塩害の被害を受けているという

ベトナムは米とコーヒーの世界第2位の輸出国だが、これらは特に干ばつに弱い。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事2016.03.02
   images (3)images

【関連する記事】