運動は朝食前の時間帯がおすすめ!

美容や健康のために、毎日運動の習慣をつけることが推奨されていますが、日中なにかと忙しい現代人は、運動するための時間を捻出するのも一苦労ですね。中には夕食後、夜の時間帯にジョギングなどの運動をするという人もいますが、一般に運動による美容と健康の効果を上げたいのであれば、朝に行う方が良いとされています
ここでは朝の運動の効果ついて簡単に解説します。

朝の運動がなぜ体にいいの?

もともと人の体は交感神経と副交感神経という2つの自律神経に支配されているのですが、日光の降り注ぐ日中は体を活動モードにし、エネルギーをどんどん消費する交感神経の働きが優位になり、夜になると心身ともにリラックスモードになる、副交感神経の働きが優位になります。つまり交感神経が優位になる朝の時間帯に運動することで更に体の代謝がアップして美容と健康効果が高まるのです

 

朝の運動のほうがメリットが多い?

脂肪燃焼を抑える働きをするインシュリンは、食事後に一番多く分泌されます。それで夕食後に運動するよりも朝の朝食前に運動する方が、インシュリンによる妨害を受けることなく効率的に脂肪を燃焼することができますまた運動するとエンドルフィンという快感ホルモンが分泌されるため、気分が高揚し、エネルギーがわいてくると言われていますこのような状態で一日をスタートさせると、より心身ともに健康的で充実した一日を過ごすことができるのです。さらに夜型の人が多い現代では、朝の方が周囲からの邪魔が入らず集中できますし、人混みを避けることもできるため、気分良く運動することができるのもメリットでしょう。

 

朝の運動を習慣化するコツとは?

夜型の人がいきなり早起きをするというのは大変ですね。そこで、朝の運動を習慣化させるための工夫をしましょう。朝に30分の運動をすることに決めたのであれば、いつもより30分早く就寝するようにし、自分にとって必要な睡眠時間を削ることがないようにします。ウェアやシューズ、タオルや水なども前の晩に用意しておきましょう。用意が整っていれば、朝起きた時に運動しようという気になります。運動といっても様々なものがありますが、ジョギングやウォーキング、サイクリング、エアロビクスといった有酸素運動がおすすめ自分にとって、とり組みやすいものを選び、例えばジョギングすることに決めたのであれば、どのコースを走るか予め予定を立てておきましょう。その際にお気に入りの音楽をまとめたプレイリストを作っておいて、聞きながら運動するとモチベーションも上がります。また雨の日は中止するのではなく、代わりに室内でできる運動を予め考えておくと良いでしょう。雨の日をきっかけに結局挫折してしまうことのないようにするためです。

【関連する記事】