速度取締指針に対応したレーダー探知機

ユピテルは業界で初めて速度取締指針に対応したレーダー探知機の新製品『A300』を12月初旬より販売を開始した

新製品は、走行している場所と時間に合わせて、各都道府県警察署が公表している速度取締指針をリアルタイムに表示。公開取締情報が公表されていない地域でも、速度取締り指針によって情報をカバーできる

また、GPS測位間隔を1秒間に最大5回に短縮高速走行時でも安定したポイントで警報が可能になった。加減速時の車速表示もタイムラグの少ない実際のスピードに近い表示ができる。

さらに信号の代わりに導入が始まっている34か所の環状交差点(ラウンドアバウト)にも対応。マップ上のアイコン表示で注意を促してくれる

参考 レスポンス 2014.12.16

【関連する記事】