通年性アレルギー鼻炎の原因と症状

日本人の4人に1人が発症しているとされ、もはや国民病とも言える「通年性アレルギー性鼻炎」。どのような原因で発症し、その特徴はなんでしょうか?治療法と予防法も含め、詳しく解説します。

 

■通年性アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎は、「季節性アレルギー鼻炎」と「通年性アレルギー鼻炎」に区別されます通年性アレルギー鼻炎は花粉が飛散する時期などにのみ発症する季節性アレルギー性鼻炎とは異なり、季節に関係なく年中発症するアレルギー性の鼻炎です。症状は、季節性アレルギー性鼻炎と変わらず、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主となります。また、目の充血やのどの痛み、皮膚の炎症などが起こることもあります

 

■通年性アレルギー性鼻炎になる原因

通年性アレルギー性鼻炎の主な原因は日常に潜んでいるハウスダストです。具体的には、室内塵、ダニ、昆虫などの死骸、人や動物のフケ、ほこり、ペットの毛や羽、カビなどが混ざったものです

近年、冷暖房が普及して家の空気が密閉されるようになったことで、ハウスダストが家の中に蓄積されやすくなり、通年性アレルギー性鼻炎になる人が増えたとされています。さらに、花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎と、通年性アレルギー鼻炎の両方に悩む人も増加傾向にあります。

 

■通年性アレルギー性鼻炎の治療法

通年性アレルギー性鼻炎は名前のとおり1年中症状が出やすいものです。よって、薬の服用も長期にわたることが多いです。薬の内服を減らしたいと考える方は、手術療法などの外科治療という方法もあります。特に、手術療法のひとつであるレーザー治療は、通年性アレルギー性鼻炎に非常に有効とされており、季節性アレルギー性鼻炎よりも効果の現れが早いといわれています

また、アレルゲンを特定することも重要です。アレルゲンが特定できれば、日常生活の中でそれを避ける工夫ができ、症状の軽減につなげることが可能になるためです。常に鼻炎に悩まされるという方は、病院での検査で症状を引き起こすものが何かを調べることをおすすめします

また、普段の生活では以下のことに気をつけましょう。これだけでも、症状の緩和が期待できます。

・部屋の掃除をこまめに行い、換気も定期的に行う

・雑貨や本など、ほこりを集めやすいものをできるだけ置かない

・ダニやほこりがつきやすい寝具やクッション、カーペットなどは、入念に掃除する

・乾燥しやすい時期は、加湿器などを設置して部屋の湿度を50%前後に保つ

・高性能の空気清浄機を置く

いつものこととあきらめず、少しでも症状を軽減できるよう試みましょう。

ヘルスケア大学2016.05.16

images-3-48-150x150images

【関連する記事】