辻希美はブログで月収600万円?→炎上商法

今や一億総ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)時代著名人に限らず個人ブログが普及し、さらにはTwitterやFacebook、Instagramなど各種SNSで誰もが自身の情報を世界中に発信できるようになって久しい。そんなインターネット時代になり、耳にすることが増えたのが“ネット炎上”という言葉だ

特に芸能人など著名な人物のブログやSNSでは、バッシングのみならず、時には本人や家族に対しての殺害予告が書き込まれるといったニュースが流れることも珍しくない。

 元モーニング娘。の辻希美を筆頭に、新山千春、紗栄子といった芸能人たちは炎上の常連ともいえる面々だが、数多くの誹謗中傷にさらされながらも、なぜブログを閉鎖することなく、更新し続けているのだろうか

ウェブはバカと暇人のもの――現場からのネット敗北宣言』(光文社)、『ネットのバカ』(新潮新書)などインターネット関連の著書を多く持ち、芸能人のブログ事情に造詣が深いネットニュース編集者・中川淳一郎氏に話を聞いた。

リンクの広告収入と1PV=0.1円の報酬

ズバリ言ってしまえば、芸能人が炎上してもブログなどを辞めない一番の理由は“仕事だから”でしょう。芸能人のブログを見ると、トップバナーのすぐ下や文面の横側などにファンクラブや関連商品の通販ページといった広告のリンクが複数張ってあることが多いですよね。当然、そのブログから誘導されて商品を購入する人がいれば、バックマージンが発生し、その芸能人のアフィリエイト収入になりますそれに自分の商品を売るのだから、懐に自分のカネが入る。また、単純にネットの場合、1PV(ページビュー)当たり0.1円前後、広告収入があるというのも通説になっています」(中川氏)

広告収入とアクセス数が主な収入源となるブログ業界では、要するに純粋な人気であろうが炎上だろうが、ブログに人(閲覧者)さえ呼べれば確実にお金が舞い込んでくるようだ

「ブログで火種となる発言をすることでバッシングする人が現れ、話題となって『何か揉めているのかな?』と興味本位で見に来る訪問者も増え、訪問者が増えればおのずとバッシングする人も増えるわけですまた、仮に5万人がブログを訪問し、その大半がアンチだったとしても、100人ぐらいはブログの内容を見て『この人がんばっているね』と思ってファンになってくれるかもしれません確率的にいえばたった0.2%ですが、そうやって少しずつでもファンを地道に増やし、根気強くブログを続けていけば結果的に数多くのファンを獲得できるわけです。また、批判しに来たアンチであろうと、その中の0.5%ぐらいは広告をクリックしてくれるかもしれない。炎上で5万人が訪れて、そのうち250人は自身の収入につながるアクションを起こしてくれるわけですから、オイシイですよねあとはアクセスが多いブログであれば、単純に編集タイアップの有力先になれるので、『このサプリメント試しみて! URLはこちら』などと書いておけば大金が稼げます。これ1回で100万円もらえるようなこともあります」(同)

では実際、芸能界トップのブログ長者はどれほどの大金を得ているのだろうか。

「ある雑誌の試算では、ブログの収入ランキングでトップと目されている辻希美さんは月600万円くらい稼ぎ、夫の杉浦太陽さんと合わせればブログだけで月間1000万円に迫る収入があるともいわれていました。。実際のところはご本人にしかわかりませんが。

ともかく、炎上ブログは儲かる仕組みが出来上がっているのです。ドランクドラゴンの鈴木拓さんも炎上の常連ですが、彼の場合はその仕組みを熟知しているから、あからさまに炎上させようとしていますし、狙っていたのに炎上しないとぼやくぐらい。余談ですが、個人的に絶対にブログをやったほうがいいと思うのは張本勲さん。毎週日曜日の報道番組『サンデーモーニング』(TBS系)での“喝!”発言がしょっちゅう叩かれています。その張本さんが、もしブログを持っていたら毎週日曜の放送後にアンチによるアクセスが集中するでしょうから、絶対に大儲けできるはずです(笑)」(同)

●ポイントは炎上ワードの熟知と鈍感力

記憶に新しいところでは、実業家の堀江貴文氏が「飯炊き3年、握り8年」といわれる寿司業界の伝統について「イケてる寿司屋はそんな悠長な修行しねーよ」などとTwitterで発言して批判を集めていたが、堀江の場合も故意に炎上させているように思える

「堀江さんは仕事を腐した話もするし、マナーについても言及しています。これらの話題は賛否両論あるため注目を集めやすいということを、彼は理解しているのでしょう。つまり、燃料となる“炎上ワード”を熟知したうえで、じゃんじゃん投下しているイメージです。実は炎上させられる人の中でも、“一発屋で終わってしまう人”と“燃やし続けられる人”に分けられます。辻さんや堀江さんはもちろん後者です」(同)

とはいえ、ネガティブなメッセージが怒涛のごとく押し寄せてくるのだから、炎上による精神的ストレスの凄まじさは想像に難くない

「きっと炎上慣れし、徐々に耐性がついていくのでしょう。辻さんもブログを開始してからしばらくは、コメント欄にひどいことを書かれたり、電子掲示板サイト『2ちゃんねる』で叩かれていることを知って、『もうブログは辞める』と言っていた時期もありますしかし数年たって、いくら炎上しても実生活に被害が及ばないことに気づき、次第に耐性がついて、それならば儲かるほうがいいという思考になったのだと思います。ちなみに、アマゾンのカスタマーレビューに1がたくさんついて炎上する例もありますが、あれは悪い炎上でお金になりません。その本のページを見に来る人は増えますが、その1だらけの評価の本をあえて買ってくれる人はほとんどおらず、当然利益もごくわずかです」(同)

炎上ビジネスで一財を築けるかどうかは、アンチが発生しやすいキャラクターと知名度だけでなく、炎上ワードを嗅ぎ付ける能力と、どんなに叩かれても心が折れない鈍感力が必要ということだろうか。 (文=長谷英史/A4studio)

参考 Business Journal   2016.01.22

1aDfG0tKpolOqnB1453344375_1453345344

【関連する記事】