軽の電気自動車→2017年に発売

三菱自動車の益子修会長は25日、インタビューに応じ、軽自動車をベースに日産自動車と共同開発する電気自動車(EV)を2017年にも発売する方針を明らかにした

バッテリー性能を改善し、1回の充電で走行できる距離を伸ばすとともに、価格を大幅に抑える考えで、「できるだけ価格競争力のあるものを出したい」と語った

軽EVは、日産との折半出資会社で企画・開発する軽の第3弾となる見込み。共同開発車は両社がそれぞれ販売しているが、生産は現在、三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)が担っている。

益子会長は環境対応車の海外販売について、電気モーターとガソリンエンジンを併用するプラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」を中国に投入する考えを表明した。深刻な大気汚染に悩む中国は政府がエコカー普及を後押ししており、電動車両を軸にした戦略の構築を急ぐ

参考 時事通信 2014.12.25

【関連する記事】