身長が高いほど→がんリスク高まる

身長が高いほどがんリスクは増加するとした研究結果が1日、スペインのバルセロナ(Barcelona)で開催された欧州小児内分泌学会(European Society for Paediatric EndocrinologyESPE)で報告されたこの傾向は特に女性で顕著にみられ、身長が1メートルから10センチ高くなるごとにがん発症率が男性で10%、女性で18%高まるという

研究は、スウェーデンで1938~91年の間に生まれた男女550万人を対象に、出生や既往歴、軍隊記録などを調査したもの。対象者のなかで最も高かった成人期の身長は2メートル25センチだった。

記録を分析した結果、身長が10センチ高くなるごとに、女性では乳がんリスクが20%上昇し、悪性黒色腫(メラノーマ)のリスクは男女ともに30%も増えることがわかった

この研究結果は科学誌上では発表されていないが、身長とがんリスクの関連を指摘した過去の研究結果を裏付けるものとなる。研究チームによれば、調査対象の男女の人数はこれまでで最大だという。

ただし、今回の発見が気候や食生活、遺伝的背景が異なる人々にも該当するかどうかはわかっていない。また、外部の専門家らは解析手法を疑問視し、結果についても懐疑的だ。彼らは、がんリスク上昇の原因は身長の高さではなく、むしろ成長ホルモンといった要因が身長とがんリスクの双方に影響している可能性を指摘している

これに対し、英ロンドン大学(University of London)セントジョージ校のドロシー・ベネット(Dorothy Bennett)教授は、サイエンス・メディア・センター(Science Media Centre)が発表したコメントのなかで「一見すると、この関係性は奇妙にみえるが非常に妥当なものだ」と述べ、人間のがんリスクは身体の細胞の数に関連しておりよって身長が高ければ「危険性」を持つ細胞の数も多くなると説明している

参考 (c)AFP 2015.10.02

【関連する記事】