超小型かつ超省電力なWi-Fiカメラ

 高度な機能は搭載していないが、死角を映像で手軽に監視するのに適した超小型無線カメラ「WiCAM」がクラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場した

WiCAMはサイズが3.2×3.6×2.4cm、重さが55gの小さなカメラ無線LAN(Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n)とBluetoothに対応しており、撮影した映像をリアルタイムにスマートフォンやタブレット、PCで見ることができる

コンパクトで軽いうえ、雨程度なら問題ない耐水性を備えているので、屋内だけでなく屋外のさまざまな場所に設置可能だ自動車や自転車の後ろに取り付けて、バックモニターのような使い方も考えられる

 撮像素子は200万画素のCMOS静止画だと1600×1200ピクセルのJPEG画像、動画だと640×480ピクセル、7fpsのMotion JPEG映像が得られる画角は横120度ある

開発チームによると、極めて省電力な設計で、消費電力は一般的なカメラの5%しかないという。具体的な消費電力は、ワイヤレスストリーミング時が0.5W未満、スタンダードモード時が0.009W未満、スリープモード時が80μW未満だそうだ。

Kickstarterでの支援受付期間は日本時間4月16日まで。目標金額の4万カナダドルに対し、記事執筆時点(日本時間3月4日15時)で約3万カナダドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと42日ある

CNET Japan2016.03.04
    images (3)images

【関連する記事】