赤ちゃん手当数倍に?→イタリア

イタリアのロレンツィン保健相は15日付の伊紙レプブリカとのインタビューで出生率低下を食い止めるため「赤ちゃん手当」を数倍に引き上げる構想を発表した

このままでは10年以内に新生児数は2010年より4割も少なくなる。イタリアは終わりだ」と述べた

構想では、中低所得層への月額80ユーロ(約1万円)の「赤ちゃん手当」を中所得層は240ユーロ(約3万円)、低所得層は400ユーロ(約5万円)に引き上げる。支給年齢は3歳まで

保健相は「5年前と比べ赤ちゃんは年6万6000人減った。(伊中部)シエナ市の人口と同じだ。高齢化と併せイタリアは死にかけている」と訴えた。ただ、欧州連合(EU)はイタリアに緊縮財政を迫っており、6年で22億ユーロ(約2700億円)が必要な構想に反発は必至だ

時事通信2016.05.15

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】