貧困大国→アメリカは衰退していくのか?

三井:中原さんは、新著で「日本はアメリカの経済政策を後追いしてはいけない」と警鐘を鳴らしていますが、まずはアメリカの格差の現状についてお伺いしたいと思います。

中原世界経済で今のところ、唯一好調を維持しているのがアメリカ経済ですが、アメリカの社会全体を仔細に見ると、表面的な好調さとは大きく異なる姿が見えてきます実態として、アメリカの庶民の生活は、GDPなどの経済指標の好調ぶりとは裏腹に、とても苦しい状況にあります

アメリカ商務省の国勢調査局では、1967年以来、世帯所得別(所得上位5%、上位20%、下位60%、下位40%、下位20%)の毎年の平均所得のデータをとっています。それを元に各所得帯の平均所得の推移を知ることができます。

そのデータからわかるのは、過去のアメリカの経済成長は国民の所得下位60%の世帯に属する人々にはほとんど還元されておらず、ひたすら上位の人間が所得を伸ばすことによって成し遂げられていたということです

 アメリカ国民の平均所得の推移をみると、名目では右肩上がりに増えているのですが、実は増えた分のほとんどは上位数%の高所得者たちが稼いでいて庶民の家計は全く豊かになってはいないのです

中原アメリカは日本とは違い、ずっとインフレが続いてきたので、名目所得の上昇分のほとんどが物価上昇によって消えてしまうわけです所得下位の階層では、いくら景気がよくなっても実質的な賃金がほとんど上がらないという状態が何十年も続いています

三井:そもそもアメリカは右肩上がりの経済成長を続けてきたのに、どうしてこんなにも格差が拡大してしまったのでしょうか?

インフレで、庶民の実質賃金が減少する一方

中原:その原因はたくさんあるのですが、私は主たる要因は二つあると考えています。まずその一つめが「(悪性の)インフレ」です。

アメリカではとりわけ2000年代に入ってから格差は大きく広がっていくのですが、それは、大多数を占める庶民と呼ばれる人々の「実質賃金」が一貫して下がり続けてきたからなのです

この間、日本ではデフレで生活に必要なコストが下がっていたのに対し、アメリカではつねにインフレであり、生活に必要なガソリン代、電気代、食費、学費等が大きく値上がりしてきました

消費者物価は2000年を100として計算すると、2013年は135.3にもなり、13年間で35%以上も上がってしまったのです

その一方で、平均の名目賃金は2000年を100とした場合、2013年はさすがに上がっているかというと、その逆で97.9と下がってしまっています

つまり、名目賃金を消費者物価で除して実質賃金を計算すると2000年を100とした場合の2013年の実質賃金は72.4と、13年間でなんと27.6%も下がってしまっているのです

三井日本では考えられないほどの実質賃金の落ち込みですね庶民の暮らしはその数字以上に苦しいという理解でよろしいのでしょうか?

中原:そのとおりです。2013年時点の国民の名目賃金は1995年の水準にまで下がってしまったのですがその間にガソリン代が2.5倍、電気代が1.6倍、食料価格が1.5倍に跳ね上がっていたので、これでは暮らしが苦しくなるのは当たり前なのです

過去10年間足らずでフードスタンプ(国による食料費の補助)の受給者が2倍の5000万人近くに増えたのは、悪性のインフレが弱者へのしわ寄せをもたらした証左とも言えるでしょう

要するに、庶民の視点から見ればアメリカのインフレ目標政策は大きな失敗をしていたわけです

中原:もう一つは「株主資本主義」です。アメリカの企業経営者はみな、「利益率(1株当たり利益)を上げなければならない」という株主からのプレッシャーにさらされています成果を上げれば巨額の報酬が与えられ、成果が出せなければすぐに自分が解雇されてしまうからです

しかし、株主がこのような利益率でのみ経営を評価してきた結果が、経営者たちが大量の首切りをしてでも利益を稼ごうとする短期主義経営に傾きがちになる原因となっています

アメリカではインフレ目標政策に加え、株主資本主義が横行し、普通に働き暮らしている労働者が強引なリストラで職を奪われたり、過酷な賃下げを強制されるケースが相次ぎ、働く人々はどんどん貧しくなっているのです

その一方で、金融緩和によるカネ余りが生んだ資産インフレで、株価と地価は順調に上昇し、資産の大半を株式や不動産で保有する富裕層に属する人たちは、苦労して働くこともないまま資産を膨らませてきています

皮肉なことに、アメリカで高額所得にランクインする経営者ほど、大量に首切りを行った実績を評価されて所得を増やしているのです。全米の役員報酬額で2013年、2014年とトップになったゴールドマン・サックスのブランクファインCEOなどは、その典型例と言えるでしょう。

つまり、アメリカにおけるインフレ政策とは株主資本主義とともに、突き詰めれば庶民から富裕層への所得の移転であるのです

それは富裕層の財産を必要以上に膨らませ、庶民に見えないインフレという税金を課す、搾取のシステムの上に成り立っています。このような富裕層による富裕層のための経済システムを通じて、アメリカでは富裕層と庶民との格差が絶望的なまでに広がってしまったわけです

三井インフレを起こすこと、そして企業の利益率を高めること、このどちらもが今の日本の経済政策の中心になっているので何だか日本の行く末が心配になってきますね

それをお伺いする前に、中原さんは「中間層が没落すると、国家は衰退する」と主張されていますが、これはどういうことなのか教えてください。

中原先進国も新興国も例外なく、消費の中核は中間層が担っています中間層や貧困層は、働いて得た所得のほとんどを使ってしまいますさらに足りない分は、借金をしてでも使います。経済学的に言えば、消費性向が高く、貯蓄性向が低いのです

ところがそうした層では昨今、実質賃金の水準が低下し続けており、多くの家計でこれまでと同じ支出を維持できなくなっています

その一方で、富裕層は稼いだお金をすべて消費せず、その残りの額を再投資に回しています年収10億円の人がいたとしても、生活に必要なお金はその半分もあれば十分なので、残りは再び投資に回ることになります下位9割の層が所得の1~2%程度しか貯蓄しないのに対して、上位1%の層は40 %~50%を使わずに再投資するという試算もありますそれだけ消費性向が低いのです

アメリカのGDPの7割は家計による消費です消費性向が低い人に所得が集中すると、供給に対して需要が足りなくなり、経済は成長できなくなってしまいます大幅なデフレギャップが存在する中でさらなる富の集中が起これば、それだけ消費に回るお金は減り、経済の停滞は長引き国家としての繁栄が止まってしまうのです

古代ギリシャやローマも同じ形で滅亡した

三井:ご本のなかで古代のギリシャやローマの話が出てきましたが、とても面白く読むことができました。そのエッセンスだけでも説明していただけますか?

中原今のアメリカでは、かつては分厚かった中間層が脱落して貧困層、あるいは貧困層予備軍に加わり、富が一部の支配者階級に集中する傾向が強まっていますこのことは、国家としてのアメリカの歴史的危機と言えます。歴史を振り返ると、かつて軍事・経済・文化で隆盛を誇った国々の多くが、中間層の没落をきっかけとして衰微し、滅んでいったからです

都市国家として栄えた古代ギリシャでは、当時の中間層であった中小農民が没落したことで、哲学や美術を高度に発達させたポリス社会が崩壊しています

ヨーロッパ、アジア、アフリカにまたがる大帝国を築いたローマでも、その拡大の基盤となったのはイタリア半島の素朴で頑健な中小農民でした。しかし、中間層が没落したローマは内乱の時代を迎え、その後、国の防衛を傭兵に頼るに至って、ついに滅亡への道を辿っていったのです。

中原東洋の大国であった唐も、全く同様の経路で滅んでいます中間層が失われた国は滅びる。現代においては滅びるということはなくても、衰退は避けられないそれが歴史の教えるところなのです。詳しくは拙書をご覧いただければ、国家にとって中間層がいかに大切であるかを理解していただけると思います

新自由主義の軌道修正に転じたアメリカ

三井:それでは、アメリカの衰退は避けられないのでしょうか

中原:アメリカの政治家はそこまで愚かではないと、私は思っています。歴史を遡ると、中間層が没落した国は中核的な経済活力を失い、格差拡大によって国としてのまとまりを保てなくなります。そして、衰退への道をたどっていくことになるのですその流れを修正できるとしたら、その機会は今しかありません

また、中間層はどの国でも向上意欲が強く、教育熱心な勤労者たちです。この層が生産活動と国の政治に参画し、きちんと生活水準を維持できているかどうかが、一国の盛衰を決めていると言っても過言ではありません。

そんなことは、オバマ大統領はもちろん、多くの政治家がここ数年で理解し始めていることでしょう。その証左として、アメリカの政治が新自由主義政策を少しずつ軌道修正してきているように感じる事例が多くなってきましたウォルマートやマクドナルドの賃上げなどは、政治的圧力なしでは成し遂げられませんでした

もちろん、金融行政も例外ではありません。FRBのイエレン議長も、バーナンキ前議長とは異なり、「何が何でもインフレにしなければならない」という愚かな執念は持ち合わせていないようです物価上昇率よりも雇用の質を重視する彼女の姿勢を、日銀の黒田総裁にも見習ってほしいところです

参考 東洋経済オンライン 2015.04.20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連する記事】