許された危険は高齢化時代に様変わり

2016年に実施されている医学部入試の様相を概観すると、1次筆記試験の難度が増しているのは言うまでもなく、一方、2次試験では学生の人物を精査するという傾向が顕著になっているように思う。教え子からの情報によると、面接時間は総じて長くなり、やや圧迫気味の類も多いようだ

【詳細画像または表】

そこで今回は、私が作成した以下の医学部2次試験「予想問題」を題材にしてみたい。以下の予想問題は、3月1日に出た「認知症の高齢者が起こした事故の責任を、家族が必ず負うわけではない」とする最高裁の判断を参考に作成している。

<問題>
ある地区でのできごとである。91歳の認知症に罹患した男性が、家族が目を離したすきに徘徊し駅のホームから線路に降り、運行中の列車に衝突して死亡した。
この事故で鉄道会社は列車に遅れが生じるなど損害が発生したとして、同居する高齢の妻と遠方で暮らす長男を相手どり、損害賠償を請求した。
男性の妻と長男は損害を賠償すべきか。あなたはどう考えるか。
■  見られるのは2つのポイント

これは私が「今年の2次試験の小論文や面接・集団討論で必ず出題される」と、さんざん注意喚起してきた重要テーマである。まだこの論点が出題されたとの報告はないが、私はこの問題こそ、医学部入試で問われる問題として良問だと感じている。なぜなら、ここには入試問題としての価値を超えた、2つのポイントが潜んでいるからである。

まずひとつは「高齢化社会と認知症患者増加の問題」である。言い換えるなら、2025年に認知症患者が700万人を突破すると予想される日本社会の実状を、受験生がどう考えるか。この視点が問われるだろう

そしてもう一点、「医師に必要な能力としての、利益衡量の問題」が問われていると考える。利益衡量については、この連載の第18回「謎の小論文があぶり出す受験生の“本性”」の回で触れているが、これはさまざまな価値の衝突を比較・調整し、妥当な結論を導く能力のことである

さあ、問題に戻ろう。皆さんならどうお答えになるか。受験生(高校生・浪人生)のレベルで考慮しなければならないポイントは、大きく3つあるだろう。問題を複雑化させないため、ここでは認知症男性に対する家族の関わりの程度については、考慮しないでおくことにする。

そのうえで考えてみると、まず、①この認知症男性の妻と長男には、認知症男性を監督する義務があったのか。そして、もし義務があったとして②四六時中、家族は認知症患者を監視し続け、いかなる事故もゼロにするべく努力しなければならないのか

さらに、見落としがちな点であるが、③もし今回の最高裁判決のように、妻と長男に賠償責任がないとされた場合、では、その発生した損害は誰が負担するべきなのか。言い換えれば、ほかに誰か損害を補てんしてくれる人がいるのか、である。

■ 難関大ほど「あちらを立てれば、こちらが立たず」

以上3点を挙げたが、受験生は医学や法学の専門家ではないので、専門的に答える必要はない。いわば、素人の観点から、しかしよく練られ、考えられた答えを出せばいいのである

私は今年の1月末に、指導している学生数十人にこの質問を投げかけてみた。すると、私の目から見て優秀な受験生は、一様に次のような回答をした。

<回答>
認知症患者を抱える家族の過度の負担を考ると、患者が発生させた損害を家族に要求するのは酷なように思われる。同居の妻が高齢の場合はなおさら。自らも身体が不自由な場合には、認知症患者の行動を抑制することは困難であり、免責されるケースが多くなると思う。
もし、仮に責任を負わされるなど家族が追いつめられるとすると、終局的には認知症患者を戸外に出させないように監禁し閉じ込めておくということにもなりかねない。しかし、これでは認知症患者の人権の観点から問題がある。
ただ一方で、認知症患者が発生させた損害を、家族が何ら責任を負わず一律に被害者が負うという構図も、不均衡であるように感じる。どういう場合に加害者側が責任を負い、どういう場合に責任が免除されるのが妥当かは、条件による。今後、学びを通じより適切な結論が得られるよう分析・検討していきたい

受験生のレベルで言うと、この回答はかなり出来のいいほうであろう。私はよく、難関大の入試になればなるほど「あちらを立てれば、こちらが立たず」という性質のテーマが問われると助言している。本問もその例外ではない。

この類の問題を、もう少し本質的に考察してみたい。まず述べておきたいのは、この種の「限界事例」が入試で問われた場合、返答として何を求められているのか。それは新聞が述べている知識レベルの返答ではなく、目の前にある事象を本質的に考察する姿勢を貫いた末の返答なのである。

これをやってのけるためには、普段から考える習慣を築くことが必要だ。アプローチの仕方は、まとめると以下の姿勢となろう。

①新聞の論評などは参考程度にし、問題の本質を自分の頭で考えてみる。

 ②些末な事柄に着目するのでなく、大きな枠組みで対象を考察してみる。

 ③価値や利益が対立している場合、その事柄や当事者のそれぞれの利益を調整し、妥当な結論を導く。

このような思考回路で今回の事案に接してみると、まずそもそもとして、巨大な組織と小さな家族が対立するこの図式はどうなのか、ということを直感するはずだ。対峙する両者のバランスが悪すぎるのである。

■ その危険は「許されるレベル」に収まっているか

 そもそも電車は、鉄でできた塊が猛スピードで走るという、恐ろしいものである。だがもちろん、これについては自動車などと同様、「許された危険」という法理が適用され、われわれの社会の中で正当化されている平たく言えば、危険を伴う行為について、その社会的利便性(通勤、通学など人の移動、物の輸送など)を理由に、望ましくない結果(事故など)が発生した場合にも一定の範囲で許容される、という理屈だ

これは「すべての危険を禁止すれば鉄道営業も禁止され、社会生活は停止してしまう。また、経済活動も停止してしまう」(ハンス・ヴェルツェル)という主張につながる。私も基本的に、この説を支持する。

しかし、それが許されるのは、その危険が「許されるレベル」にとどまっているからで、「許されないレベル」の危険が生じうる場合には、話が変わってくるはずだ。そして、絶えず社会が変容し続ける中で、「許されるレベル」と「許されないレベル」の線引きも、当然変容する

話を元に戻そう。少し目を離したすきに認知症患者が駅のホームから線路に降りる、あるいは、踏切にフラフラと入る、という状況が生じうる社会であれば、従来は「許されていた危険」が、対認知症患者との関係で言えば、「許されない危険」に変容していると言えないだろうか。こうなってくれば、どのような対策ができるのか、われわれは知恵を出し合わねばならない。

新聞報道によれば、判決について鉄道会社の間では「認知症の人による事故の場合、事故の損害は鉄道会社の社会的責任に含めるべきだ」と、納得の声があったとのことである。これは非常に興味深く、同時に、良識ある見解であるように思われる。

とはいえ、これですべてが解決されたわけではない。少し問題を変えてみよう。たとえば、この認知症の男性が街を徘徊し、何の罪もない一般人を凶器で傷つけた場合はどうなるのか。この場合、両者間の立場に大きなギャップがないゆえに、扱いが難しくなる。「許されない危険の改善」という議論も出てこない。一方このようなケースで認知症患者の家族が何ら責任を問われないとしたら、これまた直感的に不条理を感じるだろう。

これは単なる試験問題ではなく、これからの社会で実際に起こりうる問題である。そういった事象に普段から思いを馳せ、自分なりに考えを深められる学生こそ、将来の医者候補として、大学に嘱望されているのである

■ 本質論からの考察を放棄してはいけない

ところで、今回取り上げた問題に「保険に加入していれば、どちらが損害を負担するにせよ、損害を担保できる」と答えた学生がいた。確かに、この仕組みならば発生した損害の引受先がひとまずは存在することになる。

しかし、この回答は社会の動向や、それを踏まえた上で個人と社会のあり方を考える視点が希薄になりかねない。素晴らしいシステムに寄りかかるだけでは、本質的な解決にはならない。

また、生じるリスクを社会全体でどう負うべきかの議論を後退させかねないと、私は思う。本質論からの考察を放棄せず追求するならば、われわれはカンカンガクガク、望ましい社会のあり方について議論を重ねるべきなのかもしれない。

医学部入試に関する情報は小林公夫オフィシャルサイトでも随時紹介しています。参考にしてください。

小林 公夫

東洋経済オンライン2016.03.11

  images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】