見た目年齢が若返る!?→姿勢矯正法

姿勢が悪いと、だらしなく見えるだけでなく、「疲れ」や「やつれ」などのマイナスイメージを想起させ、さらには老けて見えることが正しい姿勢をするだけで若く見えるなら、やって損はありません姿勢を正しくして見た目年齢を下げると共に、美しさをアップいきましょう

姿勢を正しくするには、デスクに向かう時、テレビを見る時、食事をする時、歩く時など、毎日の行動を姿勢正しく行うのが一番手っ取り早い方法です。ただし、長年姿勢の悪い生活を続けていることで、姿勢正しく過ごそうと思っていても、ついいつもの習慣に流されてしまい、三日坊主に終わってしまいがちに。姿勢の正しさを取り入れるには、こんな矯正対策を取り入れてみましょう。

1.「あごを引く
背中を曲げた、姿勢が悪い状態で頭の重さを支えるには、あごをあげて首の根元で重心をとるしかありません。そのため、猫背の時などは、あごが自然とあがるようになっています。つまり、あごをあげずいつも引くように意識していれば、重心が前になり、頭を支えるために自然と姿勢が正しくなるのです。「あごを常に引く」と意識していれば、自然と背筋も伸びるようになります

2.「疲れたらストレッチ」
普段やらない正しい姿勢を続けていると、最初は体のあちこちが疲れたように感じます。なぜかというと、悪い姿勢が習慣化していると、その悪い姿勢を保つための筋肉が作られてしまうからです姿勢を変えた時に疲れを感じるようなら、ストレッチして筋肉をやわらかくしていきましょう。座りながらできるストレッチをご紹介します。

首のストレッチ
首を前にしっかりと深く折り曲げ、その状態から左右にゆっくりと首を振ります。その後、首を後ろに倒し、その状態から左右にゆっくりと首を振ります。最後に時計回り、反時計回りに首をゆっくりと回して終了です

肩甲骨のストレッチ
両こめかみに、グーにした両手の指をつけます。その状態で両肘を合わせ5秒キープしたら、その後ゆっくりと肘を離し、胸を開いて肩の横に肘を持ってきます。その後、両肘をこめかみと並行になるまで上げて、ゆっくりとおろします最後に背中で両手を組み、肩甲骨同士がくっつくように肘をしっかりと伸ばして終了です

背中のストレッチ
両手を胸の前で合わせて、そのまま頭の上までまっすぐ伸ばし、肘をしっかりと伸ばしますそのままイスの背もたれに背中を預け、少し後ろに体を倒します。背中が伸びているのを感じたら、ゆっくりと元の位置に戻ります

3.「地面をけるようにして歩く」
姿勢が悪い人は歩き方にも癖が出やすいもの上半身だけでなく、下半身も正しい姿勢を習慣づけていく必要があります。中でも姿勢の悪さがあらわれやすいのが、歩き方の癖。姿勢正しく歩く時は、かかとから地面に足をつけ、足の裏全体で地面を踏むようにし、つま先で地面をけるようにして歩くのがポイント。歩き方は意識しないとなかなか変えにくいですが、腕をしっかり振るとリズムがつくため、やりやすくなります大きく腕を振りながら、足の裏をしっかりつかって地面をけるように歩いてみましょう。姿勢を正しくすると、老けて見えにくくなるだけでなく、気持ちもすっきりし、内面から若々しさが保てるようになります。

若々しさを取り戻すためにも、ぜひ姿勢を正しく整えてみましょう。

参考 web R25 2015.09.18

 

 

【関連する記事】