西日本中心猛暑に 天気急変に注意

17日は、西日本を中心に猛烈な暑さが続く一方、午後を中心に広い範囲で大気の状態が不安定になり各地で激しい雷雨となる見込みです。
気象庁は、熱中症に加えて、天気が急変した場合は落雷や突風、低い土地の浸水などにも十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、16日は広い範囲で強い日ざしが照りつけて気温が上がり、日中の最高気温は、群馬県館林市で37度2分、兵庫県豊岡市で36度9分などと九州から東北にかけての各地で35度以上の猛暑日となりました。
17日も西日本や東海などでは猛烈な暑さが続き、日中の最高気温は、京都市や岐阜市で36度、名古屋市や大阪市、松山市、それに熊本市で35度などと予想されています。
気象庁は、こまめに水分をとったり冷房を適切に使ったりして、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
一方、日本付近には南から湿った空気が流れ込んでいるため、関東北部や九州などでは雨雲が発達し、ところによって強い雨が降っています。
このあと、上空には冷たい空気が南下するため、午後を中心に広い範囲で大気の状態が不安定になり各地で雷雨となる見込みで、局地的には非常に激しい雨が降るおそれがあります。
気象庁は、天気が急変した際には落雷や竜巻などの突風、低い土地の浸水や急な川の増水などに十分注意するよう呼びかけています。

 

NHK newswebより

【関連する記事】