行き詰まるプーチンのエネルギー政策

8月5日付のフォーリン・ポリシー誌で、同誌シニアレポーターのジョンソンが、ロシアは野心的なエネルギー・プロジェクトを次々と打ち出してきたが、エネルギー市場の構造変化は大きく、その実現は困難になっている、との解説記事を書いています。

すなわち、プーチン大統領は欧州を迂回しアジアへの軸足移動をしようとしている。しかし、それはうまくいっていない

昨年、プーチンは中国と計4000億ドルもの巨額の天然ガス取引と、戦略的パートナーシップを謳った文書に署名した。また、ロシアは第2のシベリア・パイプラインをひき、欧州とアジアのエネルギー顧客を競わせようと考えていたさらにプーチンは、EUが黒海を通過する400億ドルのガス・パイプライン計画を阻止したのに対し、ウクライナ迂回のトルコ経由のガス・パイプライン計画を打ち出したしかし、プーチンのパイプライン構想は混乱しているように見える最近、ロシアは、これまでの方針を転換し、今後数十年にわたり、ウクライナを経由して対欧ガス輸出を続けざるをえないと判断するに至った

新プロジェクトは次々に発表されている。バルト海経由パイプライン、ノルド・ストリームは拡大されると発表されたが、ウクライナ経由輸送やトルコ・ストリームが出来れば不要であろう

ロシアのエネルギー計画が躓いている原因は多いがその根本原因は壮大なビジョンが現実とぶつかっていることにあるここ1年の世界のエネルギー市場の変化は大きく、原油・天然ガスの需要は減り、価格も大幅に下がっているIMFはこの低価格が今年ロシア経済を3.4%縮小させると発表したエネルギーセクターの多くの大企業が西側の制裁を受けていることも響いている

米国やその他の天然ガスの新規供給者の登場も、ロシアによる市場支配力を蝕んでいる。オバマ大統領やケリー国務長官、共和党議員らは、米国の天然ガスを将来欧州に輸出する見通しを利用し、ロシアの影響力を削ごうとしている。加えて、オーストラリアなど新たなエネルギー供給国も、アジア市場に狙いを定めているため、ロシアの潜在的顧客は更にその交渉力を高めているロシアがガス輸出を地政学的武器として使うことは、もはや出来なくなっている

2014年5月に中露が天然ガスの大規模輸出取引に合意した際には、中国のエネルギー需要はまだ堅調だったものの現在では、中国経済にブレーキがかかり、エネルギー多消費型の経済から効率的なサービスセクターを重視するようになっている。既に7月末には、中国企業が第2シベリア天然ガスプロジェクトへの協力を停止している

ロシアのガスプロムは大規模プロジェクトを独力で建設する資金を持っていないようだガスプロムの利益は昨年、ウクライナ問題もあり、90%も減った

2019年までにウクライナ経由のガス輸出を停止するとの目標をロシアが突然取り下げたのは代替計画の非現実性をおそらくプーチン大統領が自覚したからだろう、と解説しています

出 典:Keith Johnson‘Putin’s Energy Diplomacy is Getting the Cold Shoulder’(Foreign Policy, August 5, 2015)
http://foreignpolicy.com/2015/08/05/energy-markets-keep-russian-bear-hug-at-arms-length/

* * *

上記は、良い解説記事です。

ロシアは、多くのガス・パイプライン・プロジェクトを打ち上げていますが、トルコ経由の欧州向けも、シベリア経由のアジア向けもうまく行っていません。その根本原因は、石油・ガス市場が基本的なところで変わってきたからではないかと指摘していますが、的を射た指摘です。

エネルギーはここしばらくは買い手優位の市場になるでしょうこれはロシアにとっては不都合なことで、認めたくはないでしょうが、現実を踏まえない政策ビジョンは、普通、失敗します。要するに、地政学的な利益を確保するために、エネルギー輸出を使える状況にはないのに、そうできるかのような幻想にプーチン大統領は捉えられている感があります自分の交渉ポジションの弱さに気づくことが早ければ早いほどよいでしょう

 ウクライナとは今の契約終了後、欧州向けのガスを通過させる協定締結を交渉することになりましたこの交渉はロシア・ウクライナ関係に大きな影響を与えると思われますが、ロシアがウクライナに融和的になるか、強硬に出るかは関連情報が少なく、まだ判断できませんウクライナの対ロ交渉では、ウクライナはロシアに侵略されている弱い国であり、西側の支援なしには対等の交渉は難しいでしょう

いずれにしても、ロシア経済、更にロシアの衰退はプーチン政権のもとで、どんどん進んでいるように見えます

参考 wedge 2015.09.10

 

【関連する記事】