血管の浮きやシワ→手の老け予防対策

顔よりも手に年齢が現れる、などといいますが、いくら顔をお手入れしていて若く見えても、手の甲などを見るとわかってしまうことがあるようです。そのおもな要因は、加齢とともに手の甲に血管が浮き出てしまう症状。これはどうして出てくるのでしょうか? 老いは、血管から始まるとも言われます若いうちから手を老けさせないために予防する方法はあるのでしょうか

手に年齢が出る

手の甲は身体の中でも特に紫外線などの影響を受けやすく、外部にさらされている時間が長い分、ダメージも大きいといえます

皮膚は紫外線を浴びると、コラーゲンやエラスチンといった構成成分が壊れてしまい、ハリやツヤ、弾力を失います顔はUVケアなどをして紫外線対策をしますが、手の甲までは、していない人がほとんどでしょう
こうしたケアの状況と加齢が加わり、手の甲の皮膚は年々薄くなり、骨や血管が目立っていきます。左右比較してみると利き手の方が老けているようです。

血管が浮き出る原因

手の甲の血管が目立つようになるということ、これは、手の甲の静脈を流れる血管の弾力が低下して、血液を流す力が弱くなり、その血液が滞留しているからなのです

ただ、心臓病の可能性もありますので、チェックしてみましょう。手をまっすぐ伸ばした状態から、心臓の高さまで上げていき、手の血管の浮き出るのが目立たなくなれば、それは標準的で普通の状態だといえます。

心配なのは、心臓の高さよりさらに高く上げなければ手の血管が目立たなくならない場合は、加齢以外に別の原因である可能性があります

血管の浮きを目立たなくする対策は?

手の甲の肌にとって、敵は「乾燥」「紫外線」です手を乾燥させないことは、それだけで、肌の弾力やハリが違ってきます

洗いもの、食事の支度、掃除などは、可能な限りゴム手袋を使うことをお勧めします。もしゴム手袋が難しい場合は、手が濡れたらすぐタオルなどで拭くこと。濡れていると水分が蒸発するときに、肌の水分も蒸発してしまうからです。そして、水仕事の後には、こまめに保湿クリームを塗る、というケアをこまめにしっかり行いましょう

また、お店やオフィスのトイレによくある手を乾かすための温風乾燥機、これは手を乾燥させますが、水分を必要以上に蒸発させてしまうので、肌の潤いも奪われてしまいます。手を洗った後は、ハンカチで拭くほうがお薦めです

さらに、紫外線対策を行うことです外出する際には、顔だけでなく、手の甲にも日焼け止めを忘れずに塗るようにしましょう。紫外線が強いときには、手袋などを着用することも大事です。指先が出ているタイプで、手の甲が覆われているUV手袋がありますので、利用するのもいいですね。

浮き出てしまった血管を元に戻すには、手先の血液を心臓に戻す、ということが必要です。その方法としては、お風呂に入ったときなどに、指先を動かすことが効果的です。また、指先から肘に向かってマッサージするのもいいでしょう。肌への対策と併せて行うといいでしょう。

血液をサラサラにする食事・運動

血液がドロドロだと、より血管を浮き出させる要因となります。肉類や油など、脂肪分や糖分などを摂りすぎないようにしましょう。アルコールの過剰摂取も影響があります

また、運動不足も影響します。腕や脚の筋力が足りないとポンプの役割が低下し、血液を末端まで流し、また心臓へ戻す、という一連の流れがスムーズにいきません。筋力をつけるためにダンベルや腕立て伏せ、スクワットなどを行いましょう。わざわざ運動するのは無理、という方は、通勤中の駅などでもエスカレーターではなく、階段を使う、車を使わないで、徒歩にするなど、日常生活の中に運動を取り入れて習慣化していくといいですね。

参考 Mocosuku編集部 2015.09.25

【関連する記事】