虫垂は、粘膜免疫で重要な役割がある

大阪大学(阪大)は、従来、何の役にも立たないと考えられ、炎症を起こしやすい盲腸から伸びる虫垂が、実は粘膜免疫で重要な役割を果たすIgAの産生に重要な役割を担っていることを発見したと発表した。

虫垂を切除したマウスでは、大腸でIgA産生細胞の数の増加が顕著に遅れていることが判明。
IgAは、腸内細菌叢のバランスの維持を担うことが知られていることから、虫垂切除マウスと非切除マウスの大腸の腸内細菌叢を比べたところ、虫垂切除マウスでは、大腸型の腸内細菌叢のパターンを示さないことが確認されたという。

虫垂リンパ組織のIgA陽性細胞は小腸、大腸双方の因子を発現することが判明した。

この結果、虫垂がなくなると、大腸の腸内細菌叢のバランスが崩れることが判明した。

参考 マイナビニュース 2014.04.11

【関連する記事】