英語ができないだけで大損の日本人

私と同様に、子供を幼児期からアジアや欧米のインターナショナルスクールに入れている非英語圏の親御さんたちとも話す機会があるのだが、自分の子供を幼少期から海外で学ばせる理由は、おもに以下の3点に集約される。

・英語を使いこなせるだけでチャンスが全然違う
・教師と施設の質が段違いにいい
・逆に強い母国愛を持つようになる

英語が話せない、書けないただそれだけでどれほど多くの日本の高度人材が世界でチャンスを失っていることか

世界で最もハイレベルなグローバル金融・経済会合であるミルケン・グローバル・カンファレンス(MGC)に日本人リーダーをスカウトとする仕事をしている私は、「世界レベルで活躍できる日本人は相対的にどんどん減っている」という印象を持っている

実質的な数は微増しているかもしれないが、アジア新興国を含めた多くの国々から、そういう人材がどんどん輩出されており、それを加味すると相対的に存在感が薄れているのだ。私は今までずっとその変化を見てきている。

友人がアメリカの名門校の学部生の選考委員をやっているのだが、彼はこう言っていた。

日本の超エリート高校出身でも、数学五輪の金メダリストでも、もうアメリカの名門大学には入りにくくなってきているほとんどが英語の問題だ。うちの大学は世界中からさらに高度なアプリケーションが集まりつつあり、競争率も競争の質も高まり、英語が日本の高校レベルのままでは絶対に突破できない

「私も高校まで地方の公立校にいてハーバードに合格したんだから大丈夫」という日本の某大学幹部のご婦人がいたが、時代が違う。彼女が受験した当時とは競争率も競争の質もケタ違いに今の方が高い。もし今受験したら当時の彼女は合格できない可能性が高い。

私が所属するミルケンインスティテュートの国際会議(MGC)でも、もっと日本人に登壇してほしいのだが、悲しいかな、うちの登壇基準ではほとんど日本人が選外となってしまう。

日本ではWEF(世界経済フォーラム)が最高の国際会議だと思われているようだが、参加者の選考基準はアメリカ最高レベルのMGCの方が厳しい。WEFのように国別の参加枠などないので、純粋に世界レベルの人材でないと、事務局のスクリーニングで落とされてしまうのだ

参加したいとの売り込みもたくさん来る。もちろん多額のお金を払えば話は別だが、世界最高の金融経済会議に日本人が参加できないのは本当に残念なことだ

「投資銀行か学校の先生か」という選択

子供のインターナショナル教育に話を戻すと、そもそも学校の先生の質も違う。

先日、娘が通う学校のクラス担任が転職するというのでお別れ会をやったのだが、彼女の転職先は某投資銀行。次に行く学校の先生を含めて聞いてみると、先生たちの多くは、戦略コンサルやシンクタンクや金融機関とインターナショナルスクールの教職を天秤にかけて就職先を選んでいるようだ。博士号を持っている人もいる。つまり、先生たちからして「学びのプロ」なのだ

ということは、待遇も”それなり”だ。さすがに戦略コンサルや投資銀行を上回るまではいかないが、遜色ない条件となっている。そして、そういう質の高い学生たちは、次世代を育てる仕事に喜びを感じているただ質が高いだけではなく、「一緒に学ぶ」という姿勢と、そのモチベーションも素晴らしいのだ

そうした先生たちは認知神経科学、体育学、栄養学、言語学等のトレーニングを定期的に受けて、知識をアップデートしている。

レッジョエミリアやインターナショナルバカロレアの卒業生である先生たちは、「自分で考える力」「好奇心を育成しそれを探求心に変える」教育を実践してくれる。遊びのような学びから、子供の能力に限界を設定せず、科学から芸術まで、壁を作らずすべてを融合させ、五感を刺激して子供の能力を引き出してくれる。

オリンピックの合宿ができそうな運動施設

あとは施設。これは是非、実際に見てほしい。アジアに開校しつつある名門インターナショナルスクールは、アメリカの大学が一つできるくらいの金額をかけて施設を作ってあるのだ

関係者の頑張りには敬意を表するばかりだが、ざっと見積もっても、軽井沢にできたインターの30倍くらいの投資額である。教員の獲得に要した費用を入れれば、軽井沢の40倍はかかっているだろう。時代は変わったのだ。

軽井沢にインターを作られたのは、私の尊敬する知人たちであり、今でもリスペクトしている。私が政治家当時、彼らから「大学では世界に勝てない。でもその前の学校なら世界と競争できるものを作れる」という構想を聞き、素晴らしいと思い、応援した。

しかし、もはや大学の前段階であっても、世界からは「ケタ違い」に引き離されているのだ。「大学前なら競争できる」と思っていたわれわれの考えは甘かったのだ。

文武両道以外はありえないので、どのインターでもスポーツ施設は重要視されている。オリンピック選手が合宿できるくらいのプール、サッカー場、いくつもの屋内体育館がある。芸術も重視されていて、コンサートホール、ダンススタジオなどが必ずある。部活で運動場や講堂を奪い合う日本の学校とは事情が違う

ただ、教育には正解がない。100%こうすべきなどとは誰も言えない。また、いい学校に入りさえすばそれで全部OKというわけでもない。家庭教育も学校教育に勝るとも劣らないくらい大事なことである。

いずれシンギュラリティが来て人工知能とうまくやっていくことができれば、教育もいらなくなるかもしれないしかしシンギュラリティがやって来れば「探求心」こそが人間の差別化要因となり「使命」になるかもしれない。それが育まれる環境はやはり大きいと思う

最も言語吸収能力が高い時期に英語を習得し、モチベーションに満ち、良く訓練された質の高い先生と、素晴らしい施設で、世界中から集まった自信家たちと机を並べ、ともに遊んでいるだけで、人生は格段に面白くなっていくんじゃないかなと思う

ふるさとは遠きにありて思ふもの

日本国籍を持つ3歳児の中で、私の娘は多分、ナンバーワンの愛国者だと思う。それは大好きな日本に、限られた時間しかいられないからだ。

・自分を心から愛してくれる最愛の家族がたくさんいて、
・自分が2歳までに身につけた(身につけさせた)カツオと昆布の出汁が入った美味しい食べ物がたくさんあり、
・来るたびに暑かったり、寒かったり、木々の葉っぱの色や咲いている花の種類が違い、
・アンパンマンミュージアムやディズニーランドやキッザニアという素晴らしい施設がある、
大好きな大好きな日本。

シンガポールの教育やビジネス環境はたしかに素晴らしい。だが、そのシンガポールを空気のように思っている娘が心から愛し、恋い焦がれるのは「日本」なのだ

日本のことがもっと知りたくて、自分でいろいろ調べては、もっともっといろんなところに行きたくなってきている。クラスの友達にはいつも「日本に行ってきた自慢」ばかりしている。3歳児なりに日本人であることを誇りに思っているようだ

たくさんの友達がいて大好きな先生がいるシンガポールだが娘は3ヵ月もすると”日本が切れて”しまう。この年末年始も日本の素晴らしいところをたくさん見て、肌で感じてもらっている。「ふるさとは遠きにありて思ふもの」とはよく言ったものだ

娘は日本で行ったところや会った人たちを鮮やかなフォトグラフィックメモリーで記憶しているようで、映像や写真をタブレットやスマホで見ると、「あっ!あそこいったね」「あれも食べたね」と指摘するので、本当に驚いてしまう。

海外で子供を育てる最高の副産物は、「強い愛国心」だと思うずっと日本にいる人間は、日本の本当の素晴らしさに対して鈍感になってしまうのかもしれない

参考 現代ビジネス 2016.01.05

EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (2)

【関連する記事】