英ストーンヘンジ近くに→巨石列柱

英国の有名な古代遺跡「ストーンヘンジ(Stonehenge)」の近くで地中に埋もれた先史時代の謎の巨石群遺跡を発見したと、英大学などの考古学者チームが7日、発表した最大90個の直立巨石は、当初の高さ約4.5メートルで、約4500年前のものとみられる。土塁の下に数千年間、埋もれていた可能性があるという

調査チームによると、新たな巨石群が最先端センサー技術によって見つかったのは、ストーンヘンジから3キロ足らずの距離にある遺跡「ダーリントン・ウォールズ (Durrington Walls)」直径500メートル、外周1.5キロ以上に及ぶ「スーパーヘンジ」と呼ばれる環状遺跡で、幅17.6メートルの溝と高さ約1メートルの土塁に囲まれているが、遺跡の一方の側面が直線状で、他方は湾曲している点が長年、考古学上の謎とされてきた

英ブラッドフォード大学(University of Bradford)のビンセント・ギャフニー(Vincent Gaffney)氏は、英国放送協会(BBC)の取材に「ダーリントン・ウォールズは巨大構造物で、これまでは単に巨大な土塁と溝の囲いからなると考えられていた。だが、この巨大構造物の下に、別の構造物が存在している」と語った

発掘調査はまだ行われていないが、新たに発見された巨石群が押し倒された上に、ダーリントン・ウォールズの環状土塁が築かれたと考えられている

ストーンヘンジ世界遺産遺跡(Stonehenge World Heritage Site)内にあるダーリントン・ウォールズは直立した石や木が円形に並ぶ「ヘンジ」と呼ばれる遺跡の中では最大規模を誇る

調査チームによると、直線状の土塁の端が実際は「C字型」の巨石構造物の上に位置していることが、地中探知レーダーによって判明したという。この構造物は、新石器時代に宗教的儀式や集会を行う場として使用されていた可能性があるという

■一部はストーンヘンジの石材に?

今回の発見は、英バーミンガム大学(University of Birmingham)とオーストリア・ウィーン(Vienna)のルートビヒ・ボルツマン研究所(Ludwig Boltzmann Institute for Archaeological Prospection and Virtual Archaeology、LBI ArchPro)が共同で進める「ストーンヘンジ地中景観プロジェクト(Stonehenge Hidden Landscapes Project)」の成果だ。

プロジェクト創始者であるルートビヒ・ボルツマン研究所のウォルフガンク・ノイバウアー(Wolfgang Neubauer)所長は、「非常に重要で素晴らしい発見」と評した上で、巨石構造物は当初、最大200個の石で構成されていた可能性があると指摘した

ノイバウアー所長によると「現在存在しない石は、後にストーンヘンジを建造する石材に使われたかもしれない」と述べ、残された巨石について、移動を試みた際に壊されたとの見方を示している

参考 AFPBB News  2015.09.08

【関連する記事】