若い女性に急増する子宮頚がん

一年間のうちに、新たに子宮頸がんと診断される女性は、約10.000人

この子宮頸がんは2000年以降、急激な増加傾向にあり、特に20歳代~30歳代での発症がふえてきている。これから結婚や妊娠を控えて、女性として最も輝いている時期に発症しやすいがん。それが子宮がんです。

ただ幸いに、子宮頚がんは検診によって早期に発見することができますし、適切な治療を受ければ完治することが可能です

子宮頚がんは、性交渉によって感染するヒトパピローマウイルスが関与していることがわかっています。セクシャル・デビューが10代後半~20代前半と早くなり、このウイルスに感染する年齢が低くなってきていることが原因だと考えられています。

HPVともよばれるヒトパピローマウイルスは「型」で分類される種類がたくさんあり、現在100種類以上が発見されてます。そのうち15種類ほどが発がん性HPVと呼ばれるもので、子宮がんの原因となります。 なかでも16型と18型が特に発がんリスクが高いウイルスで、日本人の子宮頚がんの約70%はこの2つの型のHPVが原因です

しかし、、たとえHPVに感染し、排除されずに異形感染が生じても、自分の持っている免疫力によって自然になおってしまうことがほとんどです

ヒトパピローマウイルスは、昔から゛っと人間が感染してきたウイルスで、子宮頚がんだけでなく咽頭がんや喉頭がん、肛門がん、男性性器がんなど、いろいろな病気に関連していることがわかっております

参考

子宮頚がん

著者 小田瑞恵

発刊 株式会社主婦の友社

 

【関連する記事】