航空エンジン羽根を5倍強くする技術開発

 IHIは、三菱電機と共同開発した放電表面処理技術(MSC)が米ボーイングの「777」用エンジン「GE90」の部品に適用されたと発表した同エンジンの中核部品である低圧タービン6段ブレードの6段目に適用される。MSCを施すことで、耐摩耗性が従来比で約5倍高まるというすでに稼働するGE90の修理の際にMSCを施すほか、今後生産する部品にも適用する。修理では米ゼネラル・エレクトリック(GE)に対し、MSCをライセンス供給する
 images (14)

MSCは放電加工による皮膜生成技術で安定的に耐摩耗性・耐熱性に優れた機能性皮膜を形成できる三菱電機が開発した専用の放電表面処理装置は容易に生産ラインに組み込めるGEに対し三菱電機が同装置を納入するほか、IHIは治具やコーティング用部材の供給、技術指導を行う

IHIは相馬第一工場(福島県相馬市)で、MSCの受託加工を開始表面処理装置2台や装置向けの電極を製造する焼成炉を追加投入したGEや低圧ブレードの製造を担当する伊アビオエアロから、MSCの加工を請け負う

日刊工業新聞2016年4月22日付 機械・航空機面記事

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】