舛添都知事らを市民団体代表が告発

東京都の舛添要一知事の政治資金問題で、市民団体の代表が19日舛添氏や舛添氏が代表を務めていた資金管理団体の会計責任者に政治資金規正法違反などの疑いがあるとして、東京地検に告発状を送った

告発状では私的に使ったホテルの宿泊費や飲食代を、政治活動の名目で収支報告書に記入したことは虚偽記入罪にあたる、などと訴えている。告発状を出したのは、市民団体「政治資金オンブズマン」で代表を務める神戸学院大の上脇博之教授

朝日新聞デジタル2016.05.19

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】