舛添都知事が窮地に

 正月の家族旅行や飲食代に、政治資金を利用した「公私混同」疑惑が浮上した東京都の舛添要一知事は11日一連の問題について調査していることを明かした早ければ、13日の定例会見で説明する公用車での別荘通いや高額な海外出張費…。庶民とかけ離れた金銭感覚や、税金の使い方に対する「常識」に批判が集まるさなか、今回の問題が発覚知事の資質が問われる事態で、今後、進退問題に発展する可能性もゼロではない

【写真】堀江貴文氏、舛添氏の疑惑報道に「本当ならだめだ」

政治資金を使った「公私混合」疑惑を報じた「週刊文春」が発売された11日、舛添氏は、疑惑の解明を進めていると強調した。登庁時「(政治団体の)書類を全部調べるよう(事務所に)言っている。調べないと分からない。精査が終わったらコメントしたい」。記憶がないのか問われても、慎重な物言いに終始した。

舛添氏の政治団体「グローバルネットワーク研究会」(14年7月解散)の政治資金収支報告書には、「会議費用」として、リゾートホテルに計37万1100円の支出がある。文春は、ホテル関係者の証言として、会議は開かれず、実態は「家族旅行」だったと指摘。ほかにも、自宅近くの高級てんぷら店や回転すし店での飲食代が含まれ、政治資金規正法の虚偽記載に当たる恐れが浮上している

 公用車による別荘通いや、高額な海外出張費の問題は知事就任後の話だが今回は、国会議員時代のものも含まれる文春の報道が事実なら、税金に対する認識の甘さが染みついていると指摘されても仕方ない政界関係者は「政治資金も自分のお金も区別がつかない人に、知事を任せられるのか。資質が問われる問題だ」と、突き放す。旅行費用の記載が事実とすれば、「あまりにもセコい話だ」(永田町関係者)。

舛添都政を支える都庁や都議会では収支報告書の訂正で乗り切るとの見方もある一方、深刻ととらえる向きも少なくない舛添氏が意欲を示す、今夏のリオデジャネイロ五輪出張への影響を懸念する声もある

不穏な空気が漂う都庁で舛添氏は11日午後、昨年、「週刊新潮」に女性の下着を盗んだ疑惑を報じられた高木毅復興相と面会した。20年東京五輪を復興五輪にと要請された舛添氏は、「東北の復興なしに五輪の成功はない」と応じ、17日に福島県を訪れ、地元食材の安全をPRしてくると約束した。しかし、すべては疑惑の説明が前提舛添氏は政治家として、正念場を迎えている

日刊スポーツ2016.05.12

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】