舛添知事→文科省は無能力・無責任

東京都の舛添要一知事が20日、ブログを更新し、2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場建設計画の見直しについての提言を公表した舛添氏は「白紙から見直すならこれまでの大失策の原因を検証し、責任の所在を明らかにすべき」としている

項目の1つめに「新しい政策遂行機関の設立」をあげ、「文部科学省は無能力・無責任で、これが失敗の最大の原因」と指摘「文科省・JSC(日本スポーツ振興センター)に仕事をさせれば、また失敗する」ともした

項目の2つめには「情報公開」をあげ、「第二の原因は、一部の政治家や関係者やゼネコンなどが密室で議論し、外部のチェックを排除してきたことにある公開できない利権があったのかもしれない」とした

3つめには「ゼネコン・設計者にも説明責任を果たさせること」とし、「彼らは私が何度要求しても、重要な局面で発言しなかった公にしたくない裏取引があったからかもしれないが、なぜ発言をしないのか」などと疑問を呈した

参考 デイリースポーツ 2015.07.20

【関連する記事】