舛添知事→全面謝罪か辞職か

 橋下徹前大阪市長は11日夜、自身のツイッターで、舛添要一・東京都知事の「政治資金公私混同」疑惑に関して、舛添氏が今後取るべき対応は全面謝罪か辞職か、どちらかだとの持論を示した

【写真】堀江貴文氏、舛添氏の疑惑報道に「本当ならだめだ」

橋下氏は「舛添さん、ここまできたら思いっきり謝って、もう1度チャンスをくださいと都民にお願いするしかないね。国会議員だってこの程度のことはある」とした上で、「土下座する姿勢であればまだ許されるギリギリのところでは?そうでなければ辞職だね」と、つづった

舛添氏の政治資金の使い方については「これは正当化できない。ただし多くの国会議員は似たり寄ったり」と、切り捨てた。その上で、「都民はもうそろそろ怒ったらどうだ? 政治・行政におきゅうを据える最高の方法はふるさと納税だよ」と指摘都ではなく、熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県への、ふるさと納税を、「推奨」している

日刊スポーツ2016.05.12

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】