舛添氏→イタ飯11万円・回転寿司3万円とは

11日発売の週刊文春が東京都の舛添要一知事の新疑惑として報じた政治団体(解散)の収支報告書は、総務省のHPで公開されている家族旅行代ではと疑惑視されている千葉県内の温泉ホテルでの正月の「会議費用」計約37万円のほかに、東京、横浜、湯河原などの料理店での「飲食代」も計上されている

舛添氏はこの日「精査してコメントする」として、説明を先送りした

◆本格イタリアン

 2013年と14年の同政治団体の報告書では自宅近くの東京・世田谷にある「本格イタリアン」店が13年に3回記載され、計11万3000円が「飲食代」として計上されている世田谷グルメとしてもネットで紹介されている店で、「前菜盛り合わせ・1000円」、人気の「フィットチーネのポルチーニソース・(2人前)1680円」、ワインは5000円~7000円でコストパフォーマンスの高さが人気となっているという

◆高級天ぷら

同じく世田谷の「天ぷら」店も、13~14年に3回、計約5万2000円が計上こちらは「おまかせコース・9000円」など、旬の食材が人気

◆横浜中華

横浜の有名な中華料理店は2店舗が計4回、計約14万7000円を計上しているいずれも横浜中華街にも出店している有名店

◆回転寿司

公用車問題で毎週末のように通っていた別荘がある神奈川県湯河原町の「回転寿司」も登場13年に2件、計約3万円を計上している。店のHPでは、「やりいか・140円」「甘えび・240円」「本まぐろ大とろ・550円」とリーズナブルなメニューが並び、“庶民派”の一面もうかがえるいずれにしても、政治活動での使用であれば大きな問題はないとされるが、回転寿司店をどう政治に活用したのかなど疑問が生じる部分もあり、説明が求められそうだ

なお文春が疑惑視している記載は、2013年1月3日と翌14年1月2日、いずれも正月に、千葉県内の温泉ホテルで「会議費用」として計37万円が計上されている

デイリースポーツ2016.05.11

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】