自覚症状はまったくないけど→体がゆがむ

■カラダってゆがむもの?

よく、「カラダがゆがんでいると言われた」「背骨が曲がっていると言われた」と心配して、整形外科の外来にいらっしゃる方がいますが、そういう方の骨のレントゲンをとってみると大抵、正常範囲内のことが多いのです。

つまり、自分の自覚として「カラダがゆがんでいる」と思う場合は、骨そのものの異常ではなく、骨を支えているもの(筋肉など)のバランスの不均衡なのではないかと思っています。

「なくて七癖」、人間にはいろいろなクセがあり、どうしても左右が全く同じ状態になるということはありえません

ゆがんでいる」と心配して病院にいらっしゃる方は大抵40歳くらいまでの若い方ですが、逆に自覚がない高齢の方の背骨のレントゲンは、ホントにかなり曲がっていることが多いものです

ただ、その状態で何十年も長いこと慣れていらっしゃるので「自分の背骨が曲がっている」と自覚している人はあまり多くありません。そんなものです。

年齢を重ねるとだんだんゆがんでくる原因は、骨や筋肉の劣化=老化もあるでしょうし、上で触れたように、クセでカラダのバランスが悪くなって、筋肉に引っ張られて逆に骨がゆがんだりするのではないかと思っています。

つまり「ゆがみをとる」というのは、こういった筋肉などのバランスを整えることであって、一瞬で「エイヤッ」と治せるものではないのではないかと考えています(すぐ戻ってしまうでしょうし)。逆に、つまり「ゆがまないためには」日常生活の注意が最も大切だということです。

■正しい姿勢ってどんな姿勢?

正しい姿勢とは横から見た時に、耳、肩、腰椎の前、膝、くるぶしが地面から垂直に、一直線にまっすぐ伸びた状態です。この状態では、背骨のカーブは一番自然な位置に保たれ、骨盤は30度前に傾いた形になっています

反りすぎも前かがみもどちらも体に負担がかかってしまいます

特に腹筋が弱かったり、太っておなかが出ていたりすると体重が前にかかり、前傾姿勢になりがちです

頭が上から糸で吊り下げられているようなイメージで背中を伸ばし、お尻の筋肉を引き締めるとともに、おなかを引っ込めます。そして肩の力を抜き、あごを引きます。膝は伸ばすようにしましょう

■日常生活の「自分のクセ」チェック表

快適な生活を送るために、下記のチェック表で自分の生活を見直してみましょう。

パソコンを使うとき、どうしても覗き込んでしまう
□椅子や机の高さが合っていない。
つい腕や足を組んでしまう
□机の下に物が置いてあるため、まっすく座れない。
同じ体勢で長時間(少なくとも1時間以上)続けて仕事をしている
□つい同じ方で荷物を持ってしまう。
歯の噛み合わせがよくない
眼鏡やコンタクトの度数が合っていない
常に5cm以上のハイヒールを履いている
□きつい下着や細いベルトで体をしめつけている気がする。
□つい横座りしてしまう。
寝具があっていない(枕が高すぎる、布団が柔らかすぎるなど)

どんなに良い体勢でも、1時間以上同じ体勢はNGです。一部分に負担がかかってしまいます。特に、座っている体勢は一番人間の腰に負担がかかります。ちょっと伸びをするだけでもいいので、とにかく姿勢を変えましょう。また腰の悪い人はまっすぐ立って家事仕事をするのはつらいので、無理をせずに足台を置いて片足を乗せるようにすると楽です。

カラダの凝りを解消するためには適度な運動(水泳、ウオーキングなど)や、バスタイムのゆっくりマッサージなども効果的です

ストレッチもオススメ。ヨガやピラテイスもいいと思います。運動によって痛みが出たりする場合、目安としては次の日まで痛みが残るような運動は避けたほうがいいと思います。

日常生活で姿勢を改善するような下着なども販売されていますので、そういったものを試してみるのもよいかもしれません。

参考 All About 女性の健康 2014.12.12

【関連する記事】