自動運転の米軍艦が試験運航

米軍は7日、敵の潜水艦を探知する目的で試作された自動運転による軍艦の進水式を行った中国とロシアの海軍増強に対抗する米軍戦略の中核である無人戦の大きな進歩を示すものだ

コラム:5分で分かる「南シナ海問題」

「シーハンター」と呼ばれるこのプロトタイプは全長約40メートルで武器は装備していない。グーグルの自動運転車の軍艦バージョンのようなもので、搭乗員や遠隔操作なしで1度に数カ月間、海上を巡航できるよう設計されている

有人の艦船にかかる費用の何分の1かで、このような運航期間と自律性を備えた潜水艦探知の軍艦を造れるというのはかなり効率的である

「これは転換点となる」とワーク米国防副長官はインタビューで述べ、「われわれが初めて建造した完全なロボットによる、海洋横断可能な艦船だ」と語った。また、5年以内にこのような軍艦を西太平洋に派遣できることを期待していると述べた

ワーク副長官のような国防総省の政策立案者にとって、シーハンターはますます自律性の高まる無人機を、従来の陸海空軍力に組み込むという戦略と合致するものだ

米政府内ではちょうどこの時期、潜水艦隊を含む中国の海軍増強をめぐり、西太平洋で米軍の優位を保つうえで決定的に重要な空母戦闘群と潜水艦の脆弱(ぜいじゃく)性に関する懸念が高まっていた

「対潜水艦(技術)に取り組んでいるのは中国とロシアがこの分野で進歩を遂げていることを大いに懸念しているからだ」と、米シンクタンク、ニューアメリカ財団の無人戦専門家で作家のピーター・シンガー氏は指摘する

ワーク副長官は、シーハンターが安全だと証明されれば、日本に駐留する米海軍第7艦隊に派遣し、試験を続ける可能性に触れた

ワーク副長官の目標は、人による監視を制限した状況下でシーハンターのような艦船を対地雷作戦のような任務をも含むさまざまな作戦につかせることだという。「5年以内に、西太平洋やペルシャ湾で無人艦隊が活動するのを見たい」と同副長官は語った。

シーハンターの価格は約2000万ドル(約21億7600万円)で、1日当たりのコストは1万5000─2万ドルとなる見通しだが、これは米軍にとっては比較的安い水準だという

有人の場合にかかる費用のほんのわずかな額で、このような資産を今では持つことができる」と、米海軍の無人戦システムの責任者であるロバート・ギリア少将は語った

<交通ルール>

米国防総省高等研究計画局(DARPA)が開発したシーハンターは、海上における国際的な基準を安全に守ることができるかを確認するなど2年にわたり試験される。

何よりもまず、他の艦船を避けるためにレーダーとカメラを確実に使えるかをチェックする2つのディーゼルエンジンを搭載したシーハンターは、最高速度27ノット(時速50キロ)のスピードを出すことが可能だという

自律性の高まる艦船や航空機の出現によって、一部の専門家や活動家の間では、人を脅威と認識し殺害しかねない武装したロボットシステムについて懸念する声が高まっている

オレゴン州ポートランドで行われたシーハンターの進水式で、ワーク国防副長官は今後、同艦に兵器を搭載する可能性について明らかにした。ただし、たとえ米国がシーハンターのような海軍ロボットシステムに武器を配置する決定を下したとしても、殺傷力の高い攻撃の決定は人が行うと強調した

このような艦船を恐れる理由は何もない」と、ワーク副長官は記者団に語った。

(Phil Stewart記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

ロイター2016.04.08

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】