自動車の走行モードによる燃料消費量

エコドライブでもっとも重要な要素になるのがアクセルワークだ

自動車の走行モードによる燃料消費は、発進時に38%巡航時に35%減速時に8%停止時に19%と言われています

とくに大きなエネルギーを必要とする発進時は、ブレーキから足を離して一呼吸置いてからアクセルを踏むクルマ動き始めたらふんわりアクセルを心がけることが肝要です。20km/hまで5秒をかけて加速するのが目安です」(小畑氏)。

このほか、巡航時は前の交通状況を先読みして一定速度で走行する減速時はエンジンブレーキを併用してスムーズに、停止時はアイドリングストップを積極的に使う、などの実践知識が紹介された。

参考 レスポンス 2014.11.27

【関連する記事】