胃がん発症抑える酵素を発見→東大院

 胃の粘膜にいる細菌ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)による胃がんの発症を抑える酵素が新たに見つかった。東京大大学院の畠山昌則教授(感染腫瘍(しゅよう)学)らのチームが15日、英科学誌ネイチャー・マイクロバイオロジー(電子版)に発表した。

日本人の胃がん患者のほとんどはピロリ菌に感染しているピロリ菌がつくるたんぱく質が胃の細胞に侵入して「SHP2」という酵素と結びつくと、胃がんの発症を促すことが知られている。だが、このたんぱく質が別の酵素「SHP1」と結びつくと、がんの発症が抑えられることがわかった

さらに、胃がん患者の1割はピロリ菌だけでなく、リンパ腫などの原因として知られるEBウイルスにも感染している。畠山さんによると、このウイルスに感染した細胞ではSHP1の量が減り、ピロリ菌がつくるたんぱく質の働きが強まることもチームが確認した畠山さんは「SHP1を増強する物質が見つかれば胃がんの予防につながる」と話す

朝日新聞デジタル2016.03.15

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】