肌を若々しく保ちたい人は必見!

肌にとって過酷な夏がようやく終わりましたが、秋になったからといって安心はできません。なぜなら、秋は「1年の中でいちばん肌色が暗くなる季節」だからですこの時期のお手入れ次第で冬以降、そして来年の肌も違ってきます。今こそやっておくべきスキンケアを、一度おさらいしておきましょう

秋はなぜ「いちばん肌色が暗くなる」のか?

夏ではなく秋こそ、1年の中で肌がいちばん暗く、くすむ季節なのです。その理由は2つあります。1つ目は夏に浴びた紫外線」。積み重なった紫外線によって、日焼けを引き起こすメラニンという成分が肌に蓄積してしまい、肌色がワントーン暗くなるのです

2つ目は厚くなった角質」角質とは肌の最も外側にある組織のことですが、紫外線を浴び続けるとこれが厚く硬くなってしまうのです角質が厚くなると、肌は透明感がなくなってゴワゴワし、くすんだ感じになります

例えば、厚手のハンカチと薄いハンカチを想像してください。薄いハンカチは透けて見えるので透明感がありますし、少し水を垂らせばすぐにしっとりと柔らかくなりますよねでも厚手のハンカチは透明感もありませんし、同じ量の水を垂らしてもゴワゴワしたまま肌にも同じことが起こっているのです

◆秋のお手入れ(1)何はともあれ、まず保湿!

暗くなった肌色を改善させるために、まず必要なのは、スキンケアの基本でもある「保湿」です。夏が終わったばかりのこの時期は、夏のスキンケアアイテムやファンデーションをそのまま使っている人も多いでしょう

しかし、夏用のアイテムを使っていると肌が乾きやすく、くすみがいっそう進んでしまいます。できるだけ早く、秋冬専用のアイテムに切り替えましょう

とはいえ、「今のものを使い切らないともったいない」という気持ちもわかります。そんな時は、美容オイルを買い足して乳液に混ぜて使う、クレンジングだけでもクリームタイプのものに切り替えるといった工夫をするといいでしょう

◆秋のお手入れ(2)引き続き美白を

「美白」も秋には大切なケアです涼しくなってくると美白ケアをおろそかにする人がいますが、それは間違い。前述のように夏の紫外線の影響は秋になっても残っているので、少なくとも真冬になるまでは続けたほうがいいでしょう

「でも美白すると肌がカサカサしちゃって」という人は、美容液だけは美白タイプのものを使って、乳液やクリームを保湿メインのものに切り替えるといった方法がお勧めです

また、たとえシミが気にならなくても美白マスクを使うのもお勧めです。肌色の暗さの原因である「メラニン」対策になるだけでなく、思わぬシミの出現を予防することもできます。

◆秋のお手入れ(3)絶対に必要な角質ケア

この時期は、肌表面の角質ケアが絶対に必要です。といっても、角質を落とそうとスクラブやゴマージュなど、物理的に強くこするのは避けたほうが無難。シミの原因になりかねないからです

勧めは、「角質を柔らかくする作用のある美容液」を使うこと。この手の美容液は洗顔直後、化粧水の前に使うものが多いので、普段使っている美容液の邪魔になることもありません

容液だとちょっと抵抗があるという人は、拭き取り化粧水やAHA(フルーツ酸)入りのクレンジング、洗顔料などを使うといいでしょう。拭き取り化粧水はいつもの化粧水の前に使えばOKで、クレンジングや洗顔料はいつものアイテムと置き換えるだけ。使うアイテムが増え過ぎないので、無理なく取り入れられます。

◆夏の習慣にさよなら。スキンケアも「秋仕様」に

気候がよく肌のベタつきも少ない秋は、何かとスキンケアも気を抜きがち。でも、この時期しっかりケアできるかどうかで、次のシーズンである冬の肌の状態はずいぶん違ってきます。

一度鏡で自分の肌をよく見て、肌がどれくらいくすんでいるか、小さなシミができていないか、はたまたカサついているところはないか、チェックしてみましょう季節に合わせて素早くスキンケア方法を切り替えていくことこそが、老化知らずの肌でいるためのコツです

★★★肌のキレイな女性は、とても健康的な魅力を持っています。

もっともっとステキになるために、彩美絹色花で美肌習慣。今から始めてみませんか?

ダウンロード (3)ダウンロード (5) ご注文は、総環ストアで検索してください。

参考 Mocosuku編集部  2015.10.01

【関連する記事】