老眼→たった1週間で改善する方法

「最近目が疲れやすいなぁ…」

「肩こりが辛いなぁ…」

これって老眼の初期症状かも。実は目の老化は15歳から始まっているという説もあり、老眼って人ごとじゃない。では、実際に老眼になったらどうすればいいのか? もちろん、老眼鏡で補正するのが正しい対処法だが、1週間のトレーニングで改善されるという興味深い研究結果が、アメリカで発表された

■そもそも「老眼」って、何?

老眼とは老化による調節異常のことで、近い所を見るときに起きる不具合だ目に入ってきた光は角膜を通り、続いて水晶体を通って屈折し、眼球の奥にある網膜に到達する。水晶体はカメラでいうレンズにあたり、老化で水晶体の弾力性が弱まると、調整力が低下し近い所が見えにくくなる。これが老眼の基本的な仕組みである

目の調整力は年齢と共に衰え、60代まで進行するという。20代なら約10cm先でピントを合わせられたものが、加齢で徐々に離れていき、40代では約20cm、60代では1m離さないとピントが合わなくなるという研究結果もある。

さらに高齢者だけがかかると思われやすいが、実は15歳から目の老化は進行するという説もあり、30歳代での老眼もおかしくない「若いから大丈夫」って放置しておくと、肩こり、目の疲れ、目のかすれ、頭痛、吐き気などをもよおすこともあるのだ

■近視の人は老眼にならない? 老眼鏡は衰えを加速する?

老眼は老化の象徴として捉えられており、昔からさまざまな噂が伝わっている。例えば、近視の人は老眼にならないという噂。確かに近視の人は近いものにピントが合いやすく、メガネを外すと近いものが比較的よく見えるため、老眼に気がつきにくい傾向がある。けれども、目の衰えは確実に進行するので、近視の人でも老眼になる。また、老眼鏡を使うと老眼が悪化するというのも噂に過ぎず、我慢することで目の疲れがたまるから、からだにはよくない。

■老眼は治らない病気なのか?

15歳から始まり、60歳代まで進行するという老眼。アンチエイジングに有効な手段はないのだろうか? 光明を与えてくれる研究結果が発表された。アメリカの心理科学誌「Psychological Science」によると、カリフォルニア大学とブラウン大学の研究者が若齢者と高齢者向けにトレーニングを実施し、たった1週間で顕著な改善がみられたという。その研究内容をご紹介しよう。

実験は平均年齢22.43歳のカリフォルニア大学の学生16名(男女それぞれ8名ずつ)と16名の65歳以上の男女(8名ずつ)を対象に行なったもの。94cmの距離からモニターを両目で観察するというもので、メガネを使っている人は着用して行なわれた。モニターに映し出されるのは斜めに入った模様(ガボールパッチ)。それを回転させ、それが時計回り、反時計回りのどちらに回転するかを判別する

斜めに見えるガボールパッチは視覚刺激に有効なもの。さらに、今回のテストではノイズを入れたり刺激のレベルにも変化をつけた。トレーニングは7日以上にわたって行なわれ、日に1時間半で1日あたり750回、トータル3750回行なった

実験の結果、高齢者は遠近調節が苦手であるが、近距離での視力向上が顕著に現われた。また、高齢者層と若年層ともに、コントラスト感度の訓練で視力向上が見られたという。

■老眼の回復に改善の道筋が!

このように知覚学習による脳への刺激が、加齢による視力低下への有効な回復手段であることがわかった。それもわずか5日間で改善が見られたという。短期間のトレーニングでの改善は劇的で、高齢者の遠近双方の視力を改善することを示した。まだ実験段階ではあるが、今後の実用化に期待がもてそうだ。

参考 @DIME編集部 2015.04.05

【関連する記事】