習近平の過激な言論弾圧?

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2016年4月26日、中国の習近平国家主席が知識人、青年代表、模範的労働者ら70人以上の人々を集め座談会を開催しました。

その場で習主席は参加者たちに対し「みなさん、勇気を出して中国政府を批判してください。我々は善意による中国政府批判を大歓迎します我々は真面目に批判内容を理解し、検討して政府の発展の糧とします」などと呼びかけたそうです。おそらく中共政府の明瞭性をアピールしたかったのでしょうが、大半の中国国民は「大いなる皮肉」と受け取っています

■中共政府に批判的な人物たちが次々と拘束

16年初頭から、アメリカの華人向けのサイトに「171人の中国共産党員」を名乗る人物から習近平政権の独裁制を批判し辞任を求める公開書簡が投稿され、大きな話題となりました公開書簡は中国のニュースサイト「明鏡新聞網」に掲載され中国各地に拡散されたのですが、中共政府による弾圧により公開書簡は瞬く間に削除され、関与が疑われた人物が次々と拘束されました

例を挙げると、16年3月には若手ジャーナリスト「賈葭」氏ら中国のメディア関係者5人が相次いで行方不明になるという事件が発生したのですが、賈氏は以前から香港を拠点として中共政府に対して批判的な活動を行っていました。そのため公開書簡に対する関与が噂されており、今回の失踪は香港内では中共政府による拉致・監禁が疑われています。またアメリカ在住の活動家「温雲超」氏も書簡との関連が疑われ、現在、中国に住む温氏の両親と弟が公安により拉致されています

他の例を挙げると16年4月3日、各国の要人たちが多額の税金逃れを行っていたことを記すリスト、いわゆる「パナマ文書」が公開された際、習主席の義兄の名前が記載されていることが発覚し、当然習主席自身が税金逃れに加担したのではないかという意見が中国全土で巻き起こりました。しかし、その後中国の機関メディアはパナマ文書に対する報道を徹底的に規制し、国内で放送されているパナマ文書問題を報道した日本のNHKのニュース番組を計4分間にわたって中断したほどでした。

中国国内では今回の習首席の呼びかけは「百花斉放」の再来ではないかと噂されています百花斉放とは毛沢東政権下で行われた政治運動で、当時の中国国民たちに政府に対する意見を求めたものです。この運動は当初国内の民主化運動とみなされ、多くの人々が政府に対し忌憚なき意見を訴えたのですが、その後政府に対し批判的な意見を述べたり、資本主義を肯定した人物は政府により「右派分子」と断定され次々と弾圧されました。つまり百花斉放とは民主化運動とは相反する「反乱分子のあぶり出し」だったのです

そのため現代の中国のネット上には「今回の習主席の発言は釣りだ」、「反政府主義者や対立派閥のブラックリストを作ろうとしている」、「習主席は毛沢東の手法を真似ている。百花斉放の次はもしかして?(文化大革命)」などといった意見が書き込まれています

今回の公開書簡の弾圧をきっかけに、中国国内では書簡の内容に賛同する知識人、十数万人のフォロワーを持つ人権派弁護士たちのSNS上のアカウントが次々と凍結されたそうです。最近では、16年5月2日に北京市生協委員の任志強氏が中共政府にとって都合のいい情報ばかりを報道するメディアを批判したところ、自身の微博(中国版twitter)のアカウントが凍結され、党の規律に反したという理由で「観察」(政治職務から外される)という処分を課せられました

このように、中国社会では治安維持を名目に民主主義の萌芽が次々と摘み取られています。僕は習近平主席こそがかつて中国全土を独裁体制で支配した「毛沢東の再来」だと思います

習主席が自らの権力維持のために「第2の文化大革命」を引き起こし、無数の文化と人々を犠牲にする。僕はそのような時代が到来する可能性はあると思います

文・孫向文

※中華人民共和国浙江省杭州出身、漢族の31歳。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。その傍ら、独学で日本語を学び、日本の某漫画誌の新人賞も受賞する。近著に『中国のもっとヤバい正体』(大洋図書)など。

(構成/亀谷哲弘)

【関連する記事】