習主席号令で「トイレ革命」

中国政府が、不衛生さで悪名の高い公衆便所を改善する「トイレ革命」(国営新華社通信)に乗り出している

2017年までに全国計5万7000か所で公衆便所を新設・改築するほか、習近平(シージンピン)国家主席の号令で、農村部での水洗トイレ導入を急ぐなど、世界第2位の経済大国にふさわしいトイレ環境を目指す

仕切りや個室がなく、用を足している時に隣の人の顔が見える「ニーハオトイレ」や、親が路上で子供に排便させる光景など、中国のトイレ環境は長く、外国人観光客らにとって苦痛の種とされてきた2008年の北京五輪開催を機にしたマナー向上運動などを通じて改善はされたが、衛生面はまだまだ中国人海外旅行者の急増も反映し、ネットの書き込みには、日本や欧米と比較して、「我々はトイレ後進国だ」などの嘆き節が少なくない

読売新聞  2016.04.08
  images-3-48-150x150images

【関連する記事】