習主席→中国経済に懸念

中国の習近平国家主席は18日までに、英国訪問を前にロイター通信の書面インタビューに応じ、減速が進む中国経済に懸念を表明した19日に発表される7~9月期の経済成長率は6年ぶりに7%を割り込んだとの見方が強く、世界経済の先行きに不透明感が高まっている
習主席は「中国経済に懸念を抱いており、それに対処するため懸命に取り組んでいるところだ」とし、全力で対応を急いでいることを強調した。また、「開発途上国を中心に、全ての国に影響をもたらす世界経済の低迷も心配している」と述べた

参考 時事通信 2015.10.18

【関連する記事】