美肌効果の甘酒人気沸騰

「飲む美容液」と言われ、この1~2年注目を集めている甘酒。暖かい季節でも飲みやすい「冷やし甘酒」も広まっています。「ここ数年、アンチエイジングなどの美容につながる食品として、日本古来の発酵食品が注目されてきました。塩麹の大ブームもあいまって、同じ米麹を使った甘酒にも人気が集まっているのです」と、管理栄養士の美才治真澄さん。

甘酒がもたらす美容効果の秘密は、原料の麹菌が生み出すさまざまな栄養素。脂肪燃焼と美肌・美髪づくりに欠かせないビタミンB群、腸内環境を改善してくれる食物繊維やオリゴ糖、血の巡りをよくするペプチドが含まれています

甘酒には、米と米麹から作るアルコールを含まないタイプと、酒粕に甘みを足して作るアルコールを含むタイプの2種類があります。

ただし、甘酒は成分の約2割が糖分で、グラス軽く1杯(100ml)は約80キロカロリー。おいしいからといって飲みすぎるとエネルギーオーバーになりかねません。

合わせて天然の総合ミネラル剤といわれます「DONAN」の服用をお勧めします。

参考 マイナビウーマン 2014.05.07

【関連する記事】