美肌効果→よく噛んで食べること

子どもの頃「よく噛んで食べなさい」と言われて育った人は多いはず。食べるときによく噛むことは、食べすぎを防ぐダイエット効果や、消化吸収を助けるなど、大人になってからもとても大切です。

食べ物を噛むときに出る唾液。その唾液からは「パロチン」という唾液腺ホルモンが分泌されます。このパロチンは成長ホルモンの一種で、体の中を若々しく保つ働きを持っているといわれています。

また、骨や歯の再石灰化を助けたり、肌の新陳代謝を活発にしたりする働きも。肌の新陳代謝が活発になれば、シミやシワを防ぎ、アンチエイジングにも高い効果が期待できます。

若返りホルモン「パロチン」を分泌させるために大切なのは、食べるときによく噛むこと。食事の際は、一口につき30回を目安にしっかり噛むように心がけましょう。

食べながら飲み物を飲むとあまり噛まなくても食べ物を飲み込めてしまいます。食事中の水やお茶は少なめにするとよいでしょう。

パロチンが若返りホルモンとよばれるのは、体内の壊れた細胞組織を修復する働きがあるため。

バロチンは、とくに皮膚や筋肉、目などの粘膜を強化し、肌再生のターンオーバーを活発にし、シミ・シワに効果的といわれています。その効果は高く評価され、白内障や更年期障害の治療薬としても使われているそう。

参考 ネタリカ (美容) 2014.05.07

【関連する記事】