美ヒップを作るポイント

ヒップの下に脂肪がついて脚との境目がわからなくなる、お尻が四角くなる…。年齢を重ねてお尻が下垂する原因はさまざま。ヒップが垂れるNG習慣や、きれいな桃尻をつくるエクササイズなど、下垂ヒップにならないためのテクニックを、過去の記事からまとめて紹介します

■後ろ姿、フケてない?美ヒップメイクのポイント2つ

・「お尻が動く」ってホント!? キレイな桃尻になるために
年齢を重ねて、お尻が垂れてしまう原因のひとつは、流動性脂肪という「動く脂肪」骨や筋肉の支えが衰えてくると、この脂肪が重力に逆らえずに垂れてしまいますそんなとき心強いのが「ジャストフィットした下着」。ヒップをキレイな形にキープできる下着は、実はアラサー世代にとても大事。下着売り場でサイズを確認しましょう

・「ぺたんこヒップ」は自ら招く!?NG習慣を見直して
骨盤が歪んだままでは、トレーニングやストレッチをいくら頑張っても効果が出ません。いつも片方の靴だけがすり減ってしまう、ネックレスがいつも同じ方向にヨレる、などが歪みのサイン。日々の心がけで格段によくなります。脚を組んだり、片側に重心をかけてしまうクセは改善しましょう!

■四角いデカ尻は「うつぶせスマホ」も原因!?

お家の床やベッドの上で、スマホやパソコンなどを操作するときに「うつぶせ姿勢」をしている人は多いと思います。実はこの姿勢、お尻の筋力が弱くなり、引き締まった状態を維持できず、お尻が太ももとの境目まで垂れ下がってしまう可能性が

その境目に脂肪がついた結果、お尻全体が大きく四角い形に。肩こりや腰痛の危険だけでなく、ウエストやお尻に脂肪がつきやすくなってしまう“うつぶせスマホ”姿勢クセになっている人は、座った状態でこまめに前屈や首のストレッチするよう心がけましょう!

参考 健康ダイエット 2015.01.09

【関連する記事】